彦市   » スマホの機種選定について » RecentChanges Last 60

  1. RecentDeleted
    • 2018-08-02 (木) 07:36:21 差分
  2. スマホの機種選定について (34d)
    • 2018-07-26 (木) 08:10:15 by hikoichi 差分

      私の場合は、[F-04J]で、必要最低限のプランです、月当たり5,000 弱の支払額です。

  3. 1.はじめに (34d)
  4. 4.信号注入回路 (34d)
  5. 7.戦後に改造された事項 (34d)
  6. InterWikiSandBox (34d)
  7. PukiWiki​/1.4 (34d)
  8. 2.アンテナ回路 (34d)
    • 2018-05-05 (土) 12:34:56 by hikoichi 差分

      2017-05-19 (Fri) 09:54:45 anchor.png Edit

      • specify source page name
        • From:キーイングコイルの構造Edit
        • To:キーイングチョークの構造
      • キーイングコイルの構造->キーイングチョークの構造
  9. 5.電源回路 (34d)
  10. 6.制御回路 (34d)
  11. AutoAliasName (34d)
  12. BracketName (34d)
  13. FormattingRules (34d)
  14. InterWikiName (34d)
  15. MenuBar (34d)
  16. PukiWiki (34d)
  17. PukiWiki​/1.4​/Manual​/Plugin​/L-N (34d)
  18. SandBox (34d)
    • 2018-05-05 (土) 12:34:56 by hikoichi 差分

      Attached file: y3.gif

  19. WikiName (34d)
    • 2018-05-05 (土) 12:34:56 by hikoichi 差分

      一般には、高周波発電機には、はずみ車を取り付けて、瞬間的な負荷変動に対応させています。 しかし、この依佐美の高周波発電機の回転子が 21Ton もあるので、はずみ車を省略しています。

  20. WikiWikiWeb (34d)
    • 2018-05-05 (土) 12:34:56 by hikoichi 差分

      Attached file: y11.gif

  21. 使用中のスマホ機種 (34d)
    • 2018-05-05 (土) 12:34:56 by hikoichi 差分

      Attached file: y31.jpg

  22. 私が使用中のスマホ機種 (34d)
    • 2018-05-05 (土) 12:34:56 by hikoichi 差分

      Attached file: y36.gif

  23. 3.高周波回路 (34d)
  24. Help (34d)
  25. InterWiki (34d)
  26. PHP (34d)
  27. PukiWiki​/1.4​/Manual (34d)
  28. PukiWiki​/1.4​/Manual​/Plugin (34d)
  29. PukiWiki​/1.4​/Manual​/Plugin​/A-D (34d)
  30. PukiWiki​/1.4​/Manual​/Plugin​/E-G (34d)
  31. PukiWiki​/1.4​/Manual​/Plugin​/H-K (34d)
  32. PukiWiki​/1.4​/Manual​/Plugin​/O-R (34d)
  33. PukiWiki​/1.4​/Manual​/Plugin​/S-U (34d)
    • 2018-05-05 (土) 12:34:55 by hikoichi 差分

      しかし、機器の構造が不明であったので、ヨーロッパまで届いた電波をつくる機能が理解できませんでした。

  34. PukiWiki​/1.4​/Manual​/Plugin​/V-Z (34d)
    • 2018-05-05 (土) 12:34:55 by hikoichi 差分

      16本のアンテナ線で最大500KWを受け持つので、1本当たりでは31.25KWである。 仮に600V給電とすると、1本当たり47Aの電流が流れる。 熊手状に8条に分岐したアンテナ線を2系列配置としたもので、計16条のアンテナエレメントで最大500KWを受け持つことでした。
      アンテナ回路の解析は複雑であり、後になって簡単に計算できるものではありませんが、理解を容易にするために、各アンテナエレメントに均等に電流が分流すると仮定すれば、上図において
      共振状態では、実効負荷インピーダンス Zw = 14.2Ω 、アンテナ線の抵抗 Rw = 0.2Ω 、アース抵抗 = 0.3Ω を差し引くと、アンテナ放射抵抗は Rr = 13.7Ω と推測される。

      尚、共振状態では、ローディングコイルのインダクタンスは Lo = 0.92mHでバランスする。

      稼働時の記録では、空中線全抵抗の実測値は 1.19Ω とあるので、上図と近似する。

      即ち、全体では Rw' = 0.2/16 = 0.01Ω  Re' = 0.3Ω Rr' = 13.7/16 = 0.85Ω となり

      全抵抗 = Rw' + Re' + Rr' = 0.01 + 0.3 + 0.85 = 1.16Ω となる。

      また、力学上からアンテナ線の垂れ下がりが生じて、鉄塔高さより低い位置となります。 この垂れ下がりが最大で50m 近くになってアンテナの有効高さが200mとなっていたようです。

  35. WikiEngines (34d)
    • 2018-05-05 (土) 12:34:55 by hikoichi 差分

      即ち、磁気飽和によるコイルのインダクタンス値が無効化して純抵抗だけとなるので、終段出力回路が導通します。

      こては、現在の無接点リレーと同じ機能です。

      稼働時の記録では、信号送出時のキーイングチョークの実行抵抗値が2.5Ωであったとしています。

  36. YukiWiki (34d)
    • 2018-05-05 (土) 12:34:55 by hikoichi 差分

      設置時は4分の1波長の逆L型アンテナでした。

  37. FrontPage (34d)

トップ 印刷に適した表示   全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom Powered by xpWiki