彦市   » 名古屋の祭り » Backlinks for: 名古屋の祭りの目次

これらのキーワードがハイライトされています:名古屋の祭りの目次

Return to 名古屋の祭りの目次
  • 1.はじめに (102d) [ 昨年の11月に、私は「名古屋祭」と題する古本を入手した。 ]
    ...水野宇右衛門)。 先祖は三重の人で、名古屋で財を作った商人で、文化人としても有名な人でした。 天王祭は500年、東照祭は300年の歴史を有すると記されているので、戦国時代から山車が曳かれていたと推察される。 Prev Next 名古屋の祭りの目次
  • 2.まつりの始まり (75d) [ たまたま「名古屋祭」と題する古本を入手しました。 ]
    たまたま「名古屋祭」と題する古本を入手しました。 この本は明治 43年に刊行されて話題を呼び、昭和 55年に村田書店から覆刊されたもので、定価 9,000円とあります。 名古屋の祭り文化を知る貴重な資料です。 名古屋の祭りとしては、「東照祭」(東照宮)、「若宮祭」(若宮八幡宮)、「天王祭」(那古野神社)の3大祭りがあり、加えて「大山祭」(熱田南新宮社)が盛大に行なわれていたようです。 また、古式行列「警固」の様子も紹介されています。 著者は伊勢門水(本名は水野宇右衛門)です。 先祖は三重の人で、名古...
  • 3-0.昔の祭り (75d) [ 名古屋は新しい城下町であったので、歴史基盤が浅く、革新的な気風が育ちやすく、庶民の文化芸能活動も盛んでした。 ]
    名古屋は新しい城下町であったので、歴史基盤が浅く、革新的な気風が育ちやすく、庶民の文化芸能活動も盛んでした。 これは、濃尾平野という穀倉地帯に恵まれた暮らしやすい気候だから、暮らしに余裕があったのでしょうか。 従って、祭りは庶民の一番の楽しみであり、親睦の為でもあって、各町内ごとに山車の豪華さを競っていました。 太平洋戦争で焼け野原となりましたが、戦前までは代表的な庶民行事でした。 昭和時代に入ると、周辺の町村人口が増加して、郷社の氏子祭りも盛んになったようです。 近郊の半田市では、明治時代に醸造業...
  • 3-1.昔の山車 (102d) [ 1.橋弁慶車(七間町) ]
    ...町) 10.車楽(だんじり(車之町)) 11.西王母車(玉屋町)と和布苅車(車町) 12.黒船車(末広町) 13.壽老人車(鉄砲町)と福禄車(鉄砲町) 14.河水車(住吉町)と陵王車(門前町) 15.大山車楽(熱田町) Prev名古屋の祭りの目次 Next2.まつりの始まり
  • 3-2.御神幸と警固の行列 (102d) [ 昔は写真がありませんでしたので、絵師が描いたものが伝えられています。 ]
    昔は写真がありませんでしたので、絵師が描いたものが伝えられています。 以下の絵図は、「御神幸並びに警固の図」として描かれています。 御神幸とは、祭りに色を添える仮装行列です。 警固(けいご)とは、古い言葉ですが、祭りの警備隊です。 スマホ向けに、パソコンで加工してあります。(横向き画像です) パソコンで見るには、画面幅をスマホ並みに狭くすると、横一列になります。 Prev名古屋の祭りの目次 Next2.まつりの始まり
  • 4-0.今の祭り (75d) [ 前項での記事は明治末期の状況ですが、その後は大正・昭初期とそのまま続いたが、昭和20年3月の名古屋大空襲により半数の山車が焼失しました。 ]
    ...ます。 しかし、古くからの山車による町内引き回しも、地味ながら隠れた伝統継承の意義があると思います。 現実は、山車の「かじ取り」役がいなくて外部から雇用したり、町内の寄付金が少なくて財政的な問題もあります。 Prev Next 名古屋の祭りの目次
  • 4-1.名古屋まつり (97d) [ 昭和30年から始まった秋を彩る名古屋市で最大の祭りです。 ]
    昭和30年から始まった秋を彩る名古屋市で最大の祭りです。 まつりのメインとなるのは、織田信長・豊臣秀吉・徳川家康の三英傑が行進する郷土英傑行列です。 歴史と伝統に彩られた指定文化財「山車揃い」や市文化財「神楽揃」、華やかなフラワーカーなども登場します。 そして、名古屋城・東山動植物園など名古屋市内の観光施設の無料開放も行われます。 毎年10月中旬の土曜日と日曜日の2日間で行われます。 平成30年は第64回で10月20日(土)・21日(日)の予定です。 http://www.nagoya-festiv...
  • 4-2.若宮まつり (102d) [ 名古屋三大まつりの一つともいわれる若宮八幡社の例祭です。 ]
    名古屋三大まつりの一つともいわれる若宮八幡社の例祭です。 4体のからくり人形が乗る福禄寿車を中心に、古式ゆかしい時代行列が繰り広げられます。 初日夕方から、「福禄寿車」が引き出され、からくり人形の上演が行われます。 翌日は午後から、神輿渡御と山車奉曳があり、那古野神社まで本町通りを往復します。 5月中旬の2日間で開催。 Prev名古屋の祭りの目次 Next2.まつりの始まり
  • 4-3.天王祭 (102d) [ 毎年、6月の第1週(土)・(日)に東区筒井町商店街と出来町周辺で開催されます。 ]
    ...揃いし、競演を繰り広げます。 筒井町は武士の侍屋敷と商人の町として、出来町は職人の町として栄えてきました。 隣り合うこの2つの地区では、町内の無病息災を願う天王祭が江戸期から行われ、伝統的なからくり人形芸を披露します。 Prev名古屋の祭りの目次 Next2.まつりの始まり
  • 4-4.鳴海・有松の祭り (102d) [ 名古屋市東部に位置する鳴海と有松は「絞り工芸品の産地」として有名ですが、昭和38年から39年にかけて名古屋市に合併編入された地域です。 ]
    ...また、有松山車会館では山車1台を毎年交代に展示をし、土、日、祝日に公開をしております。 6月第1週の土曜日・日曜日の「有松絞りまつり」にも披露されます。   布袋車(東町) 唐子車(中町) 神功皇后車(西町) Prev名古屋の祭りの目次 Next2.まつりの始まり
  • 4-5.徳川園山車揃え (102d) [ 「徳川園 山車揃え」 ]
    「徳川園 山車揃え」 古(いにしえ)より東区の筒井町と出来町に伝わる5輌の山車が「徳川美術館前広場」に勢揃いし、競演を繰り広げる。 筒井町は武士の侍屋敷と商人の町、出来町は職人の町として栄えた。 隣り合うこの2つの地区では、町内の無病息災を願う天王祭が江戸期から行われ、伝統的なからくり人形芸を披露する。 6月初旬の(日)に開催。 Prev名古屋の祭りの目次 Next2.まつりの始まり
  • 5.にっぽんど真ん中まつり (75d) [ 1999年夏、"にっぽんど真ん中祭り"(略称「どまつり」)が生まれました。 ]
    1999年夏、"にっぽんど真ん中祭り"(略称「どまつり」)が生まれました。 どまつりのルール 1.踊りの曲の中に、地元の民謡の一節を取り入れること。 2.鳴子をもって踊ること。 このルールは、どまつりの誕生が、高知県で開かれる「よさこい祭り」と、北海道で行われる「YOSAKOIソーラン祭り」の2つの祭りと深いかかわりがあるからです。 手にカタカタと鳴る鳴子をもって踊るよさこい祭りと、曲の中に必ずソーラン節のフレーズを入れて踊るYOSAKOIソーラン祭りを取り込んで、名古屋の大学生が立ち上げました。 ...
  • 6.参考資料 (102d) [ 1.書籍:名古屋祭 村田書店 昭和55年 ]
    ...鳴海裏方祭 http://dashi-matsuri.com/dashikan/owari/naru_ura/ 9.鳴海八幡宮例大祭・成海神社例大祭 http://network2010.org/article/353 Prev名古屋の祭りの目次 Next2.まつりの始まり
  • MenuBar (109d) [ MenuBar ]
    最新の20件 2018-06-07 4-0.今の祭り RecentDeleted 名古屋の祭りの目次 3-0.昔の祭り 2.まつりの始まり 5.にっぽんど真ん中まつり 2018-05-16 4-1.名古屋まつり 2018-05-11 6.参考資料 4-5.徳川園山車揃え 4-4.鳴海・有松の祭り 4-3.天王祭 4-2.若宮まつり 3-2.御神幸と警固の行列 3-1.昔の山車 1.はじめに 2018-05-05 YukiWiki WikiWikiWeb WikiName SandBox PukiWi...

トップ   差分 バックアップ リロード印刷に適した表示   全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom Powered by xpWiki
Counter: 101, today: 1, yesterday: 3