彦市   » 名古屋の祭り » 4.今の祭り

前項での記事は明治末期の状況ですが、その後は大正・昭初期とそのまま続いたが、昭和20年3月の名古屋大空襲により半数の山車が焼失しました。

旧市内の山車で、現在残っているのは9輌で、東区に5輌、中村区に3輌、中区に1輌です。

2010年の名古屋開府400年祭では、「第56回名古屋まつり」に協賛して、「大山車まつり」と題して、上記の9輌に有松町の3輌と鳴海表方の1輌が加わり、10月16日に13輌の山車が勢ぞろいしました

この13輌は市指定の有形民俗文化財です

祭り好きの名古屋市民は、各所で多彩な祭り行事を開催しますが、現在では「名古屋まつり」の3英傑行列と「にっぽんど真ん中祭り」が人気を集めています。

しかし、古くからの山車による町内引き回しも、地味ながら隠れた伝統継承の意義があると思います。

現実は、山車の「かじ取り」役がいなくて外部から雇用したり、町内の寄付金が少なくて財政的な問題もあります。



新しくコメントをつける

題名
ゲスト名
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ

トップ   差分 バックアップ リロード印刷に適した表示   全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom Powered by xpWiki
Counter: 17, today: 1, yesterday: 0
初版日時: 2017-05-11 (木) 19:22:28
最終更新: 2018-02-15 (木) 13:26:42 (JST) (4d) by hikoichi