彦市   » 名古屋の祭り » 1.はじめに

昨年の11月に、私は「名古屋祭」と題する古本を入手した。

この本は明治 43年に刊行されて話題を呼び、昭和 55年に村田書店から覆刊されたもので、定価 9,000円とある。

名古屋の祭り文化を知る貴重な資料です。

名古屋の祭りとしては、「東照祭」(東照宮)、「若宮祭」(若宮八幡宮)、「天王祭」(那古野神社)の3大祭りがあり、加えて「大山祭」(熱田南新宮社)が盛大に行なわれていたようです。

また、古式行列「警固」の様子も紹介されています。

著者は伊勢門水(本名は水野宇右衛門)。

先祖は三重の人で、名古屋で財を作った商人で、文化人としても有名な人でした。

天王祭は500年、東照祭は300年の歴史を有すると記されているので、戦国時代から山車が曳かれていたと推察される。



Front page   Diff Backup ReloadPrint View   Page list Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom) Powered by xpWiki
Counter: 118, today: 1, yesterday: 0
Princeps date: 2018-05-11 (Fri) 07:24:58
Last-modified: 2018-05-11 (Fri) 15:36:18 (JST) (191d) by hikoichi