彦市   » 人類生存の危機 » Backlinks for: 人類生存の危機の目次

これらのキーワードがハイライトされています:人類生存の危機の目次

Return to 人類生存の危機の目次
  • 3.人類の生存を脅かすリスク (32d) [ 21ST CENTURY FRONTIERSのデニス・パムリンCEOと、オックスフォード大学のスチュアート・アームストロング博士が、「人類を滅亡させるかもしれない12の事象」 と題したレポートを出されています。 ]
    21ST CENTURY FRONTIERSのデニス・パムリンCEOと、オックスフォード大学のスチュアート・アームストロング博士が、「人類を滅亡させるかもしれない12の事象」 と題したレポートを出されています。 12 Risks That Threaten Human Civilisation どういった「リスク」が人類滅亡を引き起こす可能性があるかを推定するため、オックスフォード大学の学者から金融関連のプロまでさまざまな分野の専門家が集められました。 最初に列挙されたリスクに関する文献を集め、確実...
  • 4.危機回避への挑戦 (32d) [ 1.予備的知識 ]
    1.予備的知識 (1)人間の視野は狭い 人間の視野 空間=時間グラフ 人々の視野は空間的にも時間的にも異なるが、すべての人間の関心は,上掲の空間=時間グラフのどこかにあてはまるはずである。 大多数の人々の関心は,家族や友人に対する短期的なことがらに限られている。(左下隅) ごく少数の人々だけが、遠い未来に広がる全世界的な関心を抱いている。(右上隅) 従って、長期的問題である軍拡競争、環境悪化、人口爆発、ならびに経済停滞などを理解し、その解決策を求めることに積極的に関心を払っているのは、世界の人口の...
  • なぜ技術と市場だけでは行き過ぎを回避できないか (34d) [  コンピュータ・シミュレーションによるモデルランから学べる一つの点は、複雑で有限な世界において、ある一つの限界を取り除こうとすれば、あるいは、ある一つの限界点を引き上げて成長を続けようとすれば、別な限界が立ちはだかるということである。 ]
     コンピュータ・シミュレーションによるモデルランから学べる一つの点は、複雑で有限な世界において、ある一つの限界を取り除こうとすれば、あるいは、ある一つの限界点を引き上げて成長を続けようとすれば、別な限界が立ちはだかるということである。 とくに成長が幾何級数的な場合は、新たな限界は驚くほど早く現れる。 “現実の世界”にはもっと多くの限界が存在する。 その多くは明確かつ特定できるものであって、地域によって一様ではない。 本当の意味での地球規模の限界というのは、大気中のオゾン層や温室効果ガスなど、ごくわず...
  • エネルギー転換 (33d) [ 1.世界のエネルギー事情 ]
    1.世界のエネルギー事情 主なエネルギー資源としては、石油、石炭、天然ガス、ウランです。 近年では、自然エネルギーの活用やバイオ燃料の開発があります。 最も使いやすいのが石油ですが、これは、石油化学製品の原料でもあって、貴重な資源です。 最近になって、アメリカのシェールガスが経済的なコストで採掘可能となっています。 このままの需要が続くと、エネルギー資源の可採年数が100年程度と見られています。 今後は、世界人口の増加と開発途上国での需要増大で、エネルギー問題がクローズアップされるでしょう。 2.原...
  • グローバル化する社会 (34d) [ グローバリズムとは、つくづく退屈なものだな、と思う。 ]
    グローバリズムとは、つくづく退屈なものだな、と思う。  それは 「選択肢のない豊穣」 である。  グローバリゼーションが浸透している社会では、次から次へと新商品や新サービスが開拓され、あっという間に、それが全域を覆う。  しかし、いざ手にとって見ると、それらはみな基本的にはのっぺりした単一なものでしかないことが分かる。  豊富な選択肢がありそうに見えながら、実は何を選んでも、けっきょくは同じ物、同じサービスしか手に入れることができない。  だが、それこそが、世界マーケットに通用する商品の条件なのであ...
  • ナノテクノロジーの危険性 (34d) [ ナノテクノロジーの潜在的用途については、様々なものが主張されており、それらが現実となったときに社会に与える影響について重大な懸念が表明されており、それらの危険性を和らげるためには、どうするのが適切かについて議論されている。 ]
    ナノテクノロジーの潜在的用途については、様々なものが主張されており、それらが現実となったときに社会に与える影響について重大な懸念が表明されており、それらの危険性を和らげるためには、どうするのが適切かについて議論されている。 ナノテクノロジーの発展に伴って、何らかの危険が生じる可能性がある。 Center for Responsible Nanotechnology は、追跡不可能な大量破壊兵器、政府によるネットワーク化されたカメラによる監視、軍拡競争を不安定にするほどの急速な兵器の開発などを示唆して...
  • ナノ・テクノロジー (33d) [ 1.ナノテクノロジーとは ]
    1.ナノテクノロジーとは nanotechnology (ナノテクノロジー)は、物質をナノメートル(1nm = 0.000000001m)の微小領域を対象として、新素材を開発する技術分野を言います。 これは、物質の分子や原子の領域であり、従来では加工技術の対象とされていませんでした。 実用化されている新素材としては、二酸化チタン、炭素同位体(ナノカーボン)、銀の微粒子、酸化亜鉛、酸化セシウムなどがあります。 これらを使った新製品では、化粧品、粘着シート、包装材、表面コーティング剤、触媒などがあります...
  • ローマ・クラブとは (34d) [  ローマ・クラブは1970年3月にスイス法人として設立された民間組織で、世界各国の科学者、経済人、教育者、各種分野の学識経験者など、約100名で構成されている。 ]
     ローマ・クラブは1970年3月にスイス法人として設立された民間組織で、世界各国の科学者、経済人、教育者、各種分野の学識経験者など、約100名で構成されている。 またローマ・クラブは、いかかるイデオロギーにも偏せず、特定の国家の見解を代表するものでもない。  本クラブは最近にいたって急速に深刻な問題となりつつある天然資源の枯渇化、公害による環境汚染の進行、発展途上国における爆発的な人口の増加、軍事技術の進歩による大規模な破壊力の脅威などによる人類の危機の接近に対し、人類として可能な回避の道を真剣に探...
  • ローマ・クラブの見解 (34d) [  成長の限界についての研究をMITチームに依頼する際にわれわれは、2つのさし迫った目的をもっていた。 ]
     成長の限界についての研究をMITチームに依頼する際にわれわれは、2つのさし迫った目的をもっていた。 1つは、われわれが住んでいるこの世界というシステムの限界と、それが人口と人間活動に対して課する制約について見通しを得ることであった。 今日、人間は従来以上に、人口、土地利用、生産、消費、廃棄物等のあらゆる面で、継続的な、そして多くの場合、加速度的な成長に向かう傾向を示している。 このことの背後には、環境はこのような拡大を許容しうるであろうとか、他のグループに 属する人々が道を譲ってくれるだろうとか、...
  • 世界がもし1,000人の村だったら (34d) [ 世界がもし1000人の村だったら ]
    世界がもし1000人の村だったら 584人はアジア人、 123人はアフリカ人、 95人は東西ヨーロッパ人、 84入はラテンアメリカ人、 55人はソビエドバ(差し当たり、リトアニア人、ラトビア人、エストニア人なども含む)、 52人は北アメリカ人、 6人はオーストラリア人とニュージーランド人です。 村人同士が話をするのもけっこう大変です。というのも、 165人は中国語を話し、 86人は英語を話し、 83人はヒンディー語またはウルドゥー語を話し、 64人はスペイン語を、 58人はロシア語を、 37人はアラ...
  • 世界のエネルギー資源 (32d) [ 世界のエネルギー資源 ]
    [引用資料] s22 s23 Prev世界のエネルギー資源 Next世界の原子力発電所
  • 世界の中の我が国の水産業 (32d) [ 我が国の漁業・養殖業の状況 ]
    ...、ノリ類、ホタテガイ等が減少したことから、96,000トン減少しました。 内水面漁業・養殖業については、サケ・マス類、しじみ等の漁獲量が減少したことから、8,000トン減少しました。 [引用資料] s27 Prev Next 人類生存の危機の目次
  • 世界の原子力発電所 (32d) [ 世界の原子力発電所 ]
    順位 国 原発数 1位 アメリカ 99基 2位 フランス 58基 3位 日本 40基 4位 中国 30基 5位 ロシア 30基 6位 韓国 24基 7位 インド 21基 8位 カナダ 19基 9位 ウクライナ 15基 10位 イギリス 15基 11位 スウェーデン 10基 12位 ドイツ 8基 13位 スペイン 7基 14位 ベルギー 7基 15位 台湾 6基 16位 チェコ 6基 17位 スイス 5基 18位 フィンランド 4基 19位 ハンガリー 4基 20位 スロバキア 4...
  • 世界の食料事情 (32d) [ 世界の食料需給には様々な不安要因 ]
    世界の食料需給には様々な不安要因 世界の食料需給に関しては、穀物等の需要量、生産量とも増加傾向にあり、穀物の総需要量(約22億t)に対する期末在庫量の割合(期末在庫率)も高い水準で推移してきました。 しかし、2007/08年度には生産量の減少等により穀物の期末在庫率が17.4%となり、国際連合食糧農業機関(FAO)が設定した安全在庫水準の下限17~18%に近づき、食料危機といわれた1970年代前半と同程度となりました(図1-2)。 この期末在庫率は、2008/09年度には、価格高騰を受け世界的に穀物...
  • 人工知能 (33d) [ 1.人工知能とは ]
    ...み込む傾向になるでしょう。 これには、人工知能が必須条件です。 [引用資料] 別掲 6-7 人工知能は人類を滅亡させる危険がある 別掲 6-21 人工知能が危険な4つの理由 別掲 6-22 人工知能とは? Prev Next 人類生存の危機の目次
  • 人工知能が危険な4つの理由 (33d) [ 人工知能の発展に警鐘を鳴らすエントリがありました。 ]
    人工知能の発展に警鐘を鳴らすエントリがありました。 人工知能は核兵器よりも潜在的に危険、ホーキング博士が「100年以内に人工知能は人間を超える」と警告 – GIGAZINE イーロン・マスク氏、ビル・ゲイツ氏、スティーブン・ホーキング博士などをはじめ、学者・研究者が人工知能開発に警告を発しています。 そこで、人工知能が危険となる4つの理由について整理しました。 誤動作 ひとつは、人工知能の誤動作です。 誤動作はどのような機械にもありえます。 誤動作への対応は、フェールセーフの設計です。 ...
  • 人工知能とは? (34d) [ 「人工知能(AI)」とは、学習・推論・認識・判断などの人間の知能を持たせたコンピューターシステムのことです。 ]
    ...拭されていません。 今後、人工知能の利用方法や人間とロボットの共存についてさらなる議論が必要であり、その議論のために人工知能の基礎知識やロボットを動かすアルゴリズムを学習しておくと良いでしょう。 [引用資料] s32 Prev人類生存の危機の目次 Next4.危機回避への挑戦
  • 人工知能は人類を滅亡させる危険がある (34d) [ スティーブン・ホーキング博士が警告 ]
    ...ンターネットがテロリストの指令センターとなっていると懸念する、英政府通信本部の責任者が発した警告を取り上げ、自由とプライバシーを犠牲にすることなく、こうした脅威に対抗しなければならないと述べた。 [引用資料] s10 Prev人類生存の危機の目次 Next4.危機回避への挑戦
  • 人類を滅亡させるかもしれない12の事象 (34d) [ 12 Risks That Threaten Human Civilisation ]
    12 Risks That Threaten Human Civilisation レポートでは、どういった「リスク」が人類滅亡を引き起こす可能性があるかを推定するため、オックスフォード大学の学者から金融関連のプロまでさまざまな分野の専門家が集められました。 最初に列挙されたリスクに関する文献を集め、確実な情報源としてWorld of KnowledgeやGoogle Scholarからを関連文献を選定。 次に、世界的に膨大なインパクトを与える可能性を含んでいるか、を判定基準として調査したもの。 そ...
  • 原子力 (33d) [ 1.核兵器の存在 ]
    1.核兵器の存在 アメリカ、ロシア、イギリス、フランス、中国の5か国が「核兵器国」として、国連で承認されています。 この他にも、インド、パキスタン、北朝鮮が核保有国であり、イスラエルが核保有疑惑国です。 核兵器不拡散条約(NPT)で、核軍縮と核拡散防止を取り決めていますが、インド、パキスタン、イスラエルはNPTを批准していないので、実態は野放し状態に近いです。 国連で、拒否権を持つ 5大国が既得権として核保有を続ける限り、核廃絶は実現できません。 最近の北朝鮮の動向から、核兵器戦争の恐怖が強まってい...
  • 地球上のすべてはつながっている (34d) [ 人間の活動が無限に成長していくことは、あり得ない ]
    ...のはシステムだ。だから、たとえ人が変わっても、構造が同じなら同じ問題が起こる」と考えます。 その構造=システム自体を変えないと、いくら人を非難しても、いくら人を取り換えても、うまくいかないのです。 [引用資料] b5 Prev人類生存の危機の目次 Next4.危機回避への挑戦
  • 報告書に対する結論 (34d) [ われわれの結論はつぎのとおりである。(下記は、20年後の修正版です) ]
    ...であることも承知している。 それは、あまりに多くの希望が、あまりに多くの人びとのアイデンティティが、そして工業化された現代文化の多くが、果てしなく続く物質的成長という前提の上に築かれているからだ。 [引用資料] b5 Prev人類生存の危機の目次 Next4.危機回避への挑戦
  • 彼女が伝えたかったこと (34d) [  ある日、妻のドネラ・H・メドウズは、米国ニューハンプシャー州プレーンフィールドの農場にあるわが家に帰ってくると、きっぱりとこう言いました。 ]
    ...たことでしょう。 そして、そういう人々にとって本書を読むことがとても大きな力になることは間違いありません。  テニス・L・メドウズ   アメリカ、ニューハンプシャー州ダーラム 2009年6月28日 [引用資料] b2 Prev人類生存の危機の目次 Next4.危機回避への挑戦
  • 技術と市場が漁業を破壊する (34d) [ 「8本の網で2トン以上の魚を捕ったことがあった。いまでは同じ量を捕るのに80本は必要だろう。当時、春にはタラが1尾平均おそらく10kgから20kg近くはあった。それがいまでは2kgから4kgくらいのものだ」-大西洋北東部のジョージバンクを漁場にする漁師のコメントである。 ]
    ...も技術も行き過ぎを生む道具になってしまう。 一方、限界の枠内で、共有された長期的価値観を指針に用いれば、市場や技術開発の影響力は、何世代にもわたって持続可能な豊富な漁獲をもたらす一助となるだろう。 [引用資料] b6 Prev人類生存の危機の目次 Next4.危機回避への挑戦
  • 持続可能性革命の必要性 (34d) [  太古の人類は狩猟採取生活でしたが、野生生物が不足するようになったために定住する農業が発達し、その後は、人口が増加して、土地やエネルギーが不足するようになり、石油が発見され、産業革命もあって、現代に至っています。 ]
    ...ひょっとすると正しいかもしれないことがわかります。 正しいのか間違っているのか確実に知るためには、試してみるしかないのです。 つまり、結果を待つしかありませんが、今、最善の選択が求められています。 [引用資料] b5 Prev人類生存の危機の目次 Next4.危機回避への挑戦
  • 新地球文明への移行 (34d) [ 多くの人々が感じているように古い経済システムの全面的な崩壊が間近に迫っている。 ]
    ...づいた経済システムに人類は移行する。 新しい世界政府は警察などの支配装置を用いて人類をコントロールすることをしない。 テクノロジーと自然保護の共存するパラダイスに地球は向かおうとしているのである。 [引用資料] s8 Prev人類生存の危機の目次 Next4.危機回避への挑戦
  • 既存の社会システムの終焉は避けられないようだ (33d) [ 1. 外れた大予言 ]
    ...ランドデザインやそれに関わる準備は、日本ではまだまったく始まってもいないというべきだろう。 大変な課題だが、私もできるだけ早く、何らかの貢献ができるよう頭を整理しておこうと考えている。 [引用資料] s9 Prev Next 人類生存の危機の目次
  • 核兵器と核軍縮 (32d) [ 核の“憲法” 核兵器不拡散条約(NPT) ]
    ...本部で開かれるNPT運用検討会議の成功に向けて役割を果たしていきます。 将来の世代を含む人類全体への重要な貢献となるよう、日本は国際的な核軍縮・不拡散体制の強化を働きかけていきます。 [引用資料] s28 Prev Next 人類生存の危機の目次
  • 社会の不安定要因 (33d) [ 1.世界の不安定要因 ]
    1.世界の不安定要因 まず先に、地球の自然環境問題があります。 空気汚染、オゾン層破壊、二酸化炭素濃度、水質汚濁、土壌汚染、砂漠化、凍土融解、南極の氷融解、森林破壊、放射能汚染などです。 これらの自然環境悪化によって、生態系が乱されて、多種の生物が減退しています。 人間は、生物多様性の中で生存してきました。 次には、人口増加と難民問題です。 アフリカ諸国とアジアの開発途上国では、人口が大きく増加しています。 世界の人口は70億人と言われていますが、30年後には100億人に達するとの予測もあります。 ...
  • 科学者の社会的責任 (34d) [ 原爆開発時の科学者の戸惑い ]
    ...割を十分にわきまえ、しかるべき行動をとることが義務として課せられるのであります。 わたしは、同僚の科学者たちに、人類に対する彼らの責任を忘れないようにと訴えかけます。(ロートブラット 1995年) [引用資料] s1 Prev人類生存の危機の目次 Next4.危機回避への挑戦
  • 米科学者の原発反対『宣言』 (34d) [ -1975年8月6日ヒロシマ30周年記念- ]
    ...であった。 ヒロシマの30周年記念にあたり、アメリカはこれらの事実に注目し、核計画の大きな成長率を減少させ、 国民のためにふさわしいエネルギーを確保すべく、他の適切なステップをとらねばならない。 [引用資料] s14 Prev人類生存の危機の目次 Next4.危機回避への挑戦
  • 遺伝子操作 (33d) [ 1.遺伝子工学の発達 ]
    1.遺伝子工学の発達 バイオテクノロジー(生物学応用技術)の一分野である遺伝子工学とは、遺伝子を人工的に操作する技術を総称したものです。 植物、動物、人間などの遺伝子のDNAが解明されており、このDNAを分離して取り出して、他の種の細胞に組み入れることができます。 植物の変種を作り出したり、タンパク質を合成したり、動物の形質を変えたり、人の細胞を作ったり・・・と、多分野で研究が進んでいます。 医学的分野での応用は、規制があるので、ワクチンの製造に実用されている程度で、殆どが基礎研究段階ですが、将来は...
  • 遺伝子組み換えの問題点 (33d) [  現在の遺伝子組み換えを使った農業の何が問題か、具体的に見てみたいと思います ]
     現在の遺伝子組み換えを使った農業の何が問題か、具体的に見てみたいと思います 遺伝子組み換えの定義 遺伝子組み換えとは英語ではGenetic Modification、つまり遺伝子操作です。 自然の中でも遺伝子は変化していきますが、この技術は人為的にたとえばクモの遺伝子をヤギにとか、魚の遺伝子をトマトにとか、バクテリアの遺伝子を大豆になど、自然界で起こらない遺伝子操作を強制的に行うものです。 (他の生物の遺伝子を組み込まず、RNA-iと呼ばれる方法で特定の遺伝子を抑制する遺伝子操作も含まれます)。 ...
  • 遺伝子組み換え作物 (32d) [ 農産物の遺伝子操作の状況 ]
    ...気ずき、こうした計画が実行されないようにしていく必要があります。 しかし、決して順調には拡がっておらず、むしろ世界各地での反対の前に拡がっていないと言った方がいい現実が見えてきます。 [引用資料] s15 Prev Next 人類生存の危機の目次
  • 限界を超えたというシグナルヘの3通りの対応 (34d) [  資源の消費量や汚染排出量が持続可能な限界を超えてしまった、というシグナルに対して、人間社会がとりうる対応方法は三通りあります。 ]
    ...・シミュレーション)で示すことはできませんが、社会が「行き過ぎから引き返し、永遠の物質的成長よりも満足のいく持続可能な目標を追求しよう」と決意したときに出てくる変化のいくつかを試すことはできます。 [引用資料] b5 Prev人類生存の危機の目次 Next4.危機回避への挑戦
  • 食糧需給 (33d) [ 1.世界の食糧事情 ]
    1.世界の食糧事情 食糧需給の統計資料を見る場合には、難しい問題があります。 統計上では、カロリー換算で、食料は十分足りていると言われます。 しかも、廃棄物(捨てられているロス)の量が、日本では30%にも達していると言われます。 他方では、10億人近くが飢餓(栄養不足)の状態です。 この人達は、アフリカ大陸と中央アジアの国に集中していて、所得が低くて、購買力がありません。 食糧供給国は、アメリカ、南米大陸、豪州大陸、タイ、ベトナム、ノルウェイなどです。 このように、食糧の過不足国が限られており、輸送...
  • 1。はじめに (33d) [ 世界情勢の先行きが不透明な時代にあって、私達はマスコミ報道を頼りにするばかりで、身近な関心事と安心できる生活を送ることで精いっぱいでしょう。 ]
    世界情勢の先行きが不透明な時代にあって、私達はマスコミ報道を頼りにするばかりで、身近な関心事と安心できる生活を送ることで精いっぱいでしょう。 世界の大多数の人がより豊かな生活を望んで、国の経済発展を支持しています。 資本主義国では、企業が自己の利益をより多く確保する為に努力しています。 これらの現状活動が当然のことと思っていますが、地球では人間の生活環境が悪化しているのです。 私は、若き時代に「ローマ・クラブの警告」に感銘を受けました。 そのことを思い出したので、暇を見て再学習する意欲がわきました。...
  • 2。ローマ・クラブの警告 (33d) [ 半世紀前の1972年に、「人類の危機に関するプロジェクト」として、コンピュータ・シミュレーション技法による未来予測を2年間かけて実施されました。 ]
    半世紀前の1972年に、「人類の危機に関するプロジェクト」として、コンピュータ・シミュレーション技法による未来予測を2年間かけて実施されました。 その報告書の基いて「成長の限界」と題する本を著し、各種言語にも翻訳されて出版されました。 その内容は、人口増加、資源の消費量、資源埋蔵量、食糧生産量、海洋資源量、汚染物の排出量など、人類の生存に関係する要素を組み込んで、将来に対する変化を試算した結果の報告書です。 可変要素を変化させて、数例のモデルケースを仮想して計算すると、早急に経済発展活動を修正すれば...
  • 5。おわりに (34d) [ 私は、人生の終わりに近づいて、自分が平和な環境で 暮らせたことに感謝しています。 ]
    私は、人生の終わりに近づいて、自分が平和な環境で 暮らせたことに感謝しています。 しかし、次世代に引き継ぐ地球環境問題と社会システムが心配になっています。 長い人類の歴史の中で、最近の100年前までは自然界の調和が保たれていました。 人類生存の危機が半世紀前から学識者の間で叫ばれていますが、政界と財界では、その警告を無視してきました。 地球に与えたダメージを科学技術によって修復したり、回避できるとする考え方が主流ですが、この考え方は人間のおごりであり、将来は、他の動物全てを巻き添えにして、人類の生存...
  • 7。参考とした資料 (34d) [ b1: 和書 「成長の限界」 ダイヤモンド社 1972年 ローマ・クラブ「人類の危機」レポート ドネラ・L・メドウズほか著 監訳:大来佐武郎 ]
    ...nt/ナノテクノロジー_投資状況#.E5.8D.B1.E9.99.BA.E6.80.A7.E3.81.AB.E3.81.A4.E3.81.84.E3.81.A6.E3.81.AE.E6.87.B8.E5.BF.B5 Prev 人類生存の危機の目次

トップ   差分 バックアップ リロード印刷に適した表示   全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom Powered by xpWiki
Counter: 403, today: 6, yesterday: 8