彦市   » 人類生存の危機 » ナノ・テクノロジー

1.ナノテクノロジーとは

nanotechnology (ナノテクノロジー)は、物質をナノメートル(1nm = 0.000000001m)の微小領域を対象として、新素材を開発する技術分野を言います。

これは、物質の分子や原子の領域であり、従来では加工技術の対象とされていませんでした。

実用化されている新素材としては、二酸化チタン炭素同位体(ナノカーボン)銀の微粒子酸化亜鉛酸化セシウムなどがあります。

これらを使った新製品では、化粧品粘着シート包装材表面コーティング剤触媒などがあります。

また、医療器材への利用も盛んに研究されています。

2.重点的開発分野

太陽電池の基材

燃料電池の触媒

医療用器具材料

IT機器材料

3.ナノテクノロジーの危険性

食品製造や化粧品への利用、医療用器材への利用など人体に触れる用途、及び、製造工程で微粉が漏出して、人体に影響が出ることを恐れられています。

何しろ、素材の粒子が小さいので、人体に入ると、肺や皮膚内に沈着することが考えられます。

金属微粉ですから、組織に影響が出たとの報告例があります。

それらは、「ナノ毒性学」として研究されています。

[引用資料]

別掲 6-23 ナノテクノロジーの危険性


トップ   差分 バックアップ リロード印刷に適した表示   全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom Powered by xpWiki
Counter: 83, today: 2, yesterday: 2
初版日時: 2017-03-06 (月) 07:05:53
最終更新: 2018-04-13 (金) 18:50:11 (JST) (109d) by hikoichi