彦市   » 私の作業ミス事例 » 9。点検用タラップから落ちて右手首を骨折した

ある女子大学の食堂棟の屋上にある動力盤を点検して、その帰路で、タラップの金具が抜けて、金具を持ったままの状態で背中から落下した。

高さは2m程の位置で、コンクリートの床には古雑誌やダンボールが置かれてあった。

運良くそれらに触れたので、それほどの衝撃はなく、意識もしっかりしていた。

ところが、5分間ほどは身動きが出来なかった。

やっと立ち上がって、同僚のいる場所まで歩行したが、右手がしびれて動かせない。

10分近くもうずくまっていた。

そのまま予定の作業を終わらせて、事業所に帰り、定時に帰宅した。

ところが、夜間に痛みだし、翌日整形外科で診察を受けたら、右手首で2本の骨折が見つかった。

手術はしなかったが、完治までに3ヶ月を要した。

 

原因は、タラップの工事ミス(保全ミス)であるが、私が安全帯を装着していなかったこともあるので、客先にはタラップの破損状態を当日に報告しただけである。

社内の安全作業基準では、2m以上の高所作業には、ヘルメットと安全帯の装着を義務付けている。

当時は、組作業であり、高齢の私は室内作業が多かったので、ヘルメットのみ装着していた。


トップ   差分 バックアップ リロード印刷に適した表示   全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom Powered by xpWiki
Counter: 50, today: 3, yesterday: 2
初版日時: 2018-04-13 (金) 18:53:00
最終更新: 2018-04-13 (金) 18:53:00 (JST) (108d) by hikoichi