彦市   » 私の作業ミス事例 » 1。液体酸素を頭から浴びた

断熱タンクローリー車に液体酸素の注入を完了して、連結パイプを外す際に、頭から1リットル程の液体酸素を浴びてしまった。

あわてて作業服を脱いだが、首から背中に入った液体が皮膚を刺激するので、しばらくは痛みが走った。

幸いに、背中に入ったのは極少量だったので、健康被害は無かったが、量が多いと凍傷となる。

当時のローリー車では、注入口が地上2mほどの位置にあって、「チャージパイプ」と称する銅製の蛇腹パイプを使用していた。

注入が完了すると、パイプ内に残った液体が蒸発するまでの時間を待ってから、慎重にパイプを外すのが標準作業であった。

しかし、時には急ぐ必要があり、液体の蒸発が待てない。

その場合には、注入口のバルブを閉じて、パイプ接続部の爪角を軽く木ハンマーで叩くと、爪が緩んで液体が蒸発ガスと共に吹き出してくる。

このやり方にはコツがあって、失敗すると蒸発ガスの圧力でパイプが外れてしまう。

その際に、立ち位置が悪いと頭から液体を浴びてしまうことになる。



Front page   Diff Backup ReloadPrint View   Page list Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom) Powered by xpWiki
Counter: 210, today: 1, yesterday: 0
Princeps date: 2018-04-13 (Fri) 18:53:00
Last-modified: 2018-10-14 (Sun) 09:11:24 (JST) (186d) by hikoichi