彦市   » 依佐美送信所(改訂9版) » 鉄塔の配置状態

3y2.jpg

給電点を基準とした長手方向が、北から西へ30度、即ち330度の方向へ向けて建設されていました。

これは、ヨーロッパ諸国へ向いており、効果的に電波を送信するためでした。

また、正三角形型の鉄塔では、支線の向きがアンテナ吊架線の延長線上になっています。

これも、力学的観点からして合理的な設計であったと思います。

鉄塔の強度計算では、最も過酷な条件である1塔と2塔について考慮すればよいと思います。

3y62.jpg



トップ   差分 バックアップ リロード印刷に適した表示   全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom Powered by xpWiki
Counter: 59, today: 1, yesterday: 1
初版日時: 2018-08-18 (土) 17:25:33
最終更新: 2018-10-11 (木) 19:43:14 (JST) (163d) by ゲスト