彦市   » 依佐美送信所(改訂6版) » 絶縁油の耐電圧試験器

トリプラーとキーイング・チョークには、トランス用絶縁油が使用されていました。

使用を重ねると油が劣化しますので、定期的に検査する必要があります。

その検査機器の1つが、この耐電圧試験器です。

使用中の機器からサンプリングした絶縁油を試験器のオイルカップに注ぎ、球ギャップを調節して高電圧を印加します。

ギャップを2.5 mmにして、30 kV を印加しても放電しなければ合格です。

水分が混入したり、過熱状態で使用を続けると、急速に劣化して耐電圧値が低下ます。

20y38.jpg   20y37.jpg



トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード印刷に適した表示   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom Powered by xpWiki
Counter: 7, today: 1, yesterday: 0
初版日時: 2018-08-18 (土) 18:28:57
最終更新: 2018-10-11 (木) 19:43:13 (JST) (35d) by hikoichi