彦市   » 依佐美送信所(改訂7版) » 周波数を3倍に変換

周波数を3倍に変換.jpg

トリプラー(3逓倍器)は、単相の変圧器に類似した構造です。

前段のフィルターで発電機の規定周波数に同調させて電圧を増幅して、トリプラーへ供給します。

鉄芯に過大な励磁電流を流して故意に磁気飽和させると極端に歪んだ電圧が発生します。

この歪んだ電圧には入力電圧周波数の3倍の周波数成分が多く含まれています。

後段のフィルター回路で、この3倍の周波数成分だけを取り出して目標の周波数として、アンテナ回路へ供給します。

この後段のフィルター回路には、1万 ボルトを超える電圧が発生するので、同調コイルには「高圧危険」の標識が掲げてありました。

トリプラーでは 5,200 ボルトの歪んだ電圧が発生して、3倍の周波数成分を約30パーセント含んだ台形波となります。

これが、後段のフィルター回路で3倍の周波数成分だけを通過させて、目標とする 17,442 ヘルツの周波数となります。

フィルター回路には、特定の周波数だけを優先して通過させたり、除去させたりする働きを持たせるように、コンデンサとコイルの組み合わせを調整してあります。

トリプラーでは、内部コイルに高い電圧がかかり、磁気損失による内部での発熱が多いので、絶縁油に浸してあり、この油を外部の熱交換器に循環させて冷却していました。

また、トリプラーの起動時には、起動用コイルに直流400アンペアを流して鉄芯を過励磁としなければ正常に機能しません。

トリプラーが一旦動作すれば、回路の電流によって鉄芯の過励磁が継続します。

詳しくは、下記の項目を参照してください。

5-8. トリプラーの機能と原理

5-9. トリプラーの構造



トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード印刷に適した表示   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom Powered by xpWiki
Counter: 20, today: 1, yesterday: 0
初版日時: 2019-01-15 (火) 18:28:13
最終更新: 2019-01-15 (火) 18:49:03 (JST) (7d) by hikoichi