彦市   » 依佐美送信所(改訂9版) » 依佐美送信所の機能

依佐美送信所の機能.jpg

昭和4年に完成した当時では、強力な電波を送出する世界最大級の送信所でした。

電波を放射するためには、大量の電力が必要であり、安定した高い周波数の交流を発生させて、これにモールス信号を乗せて、高いアンテナからヨーロッパに向けて特別な電波を放射していました。

回転機械を多く組み合わせたことによる損失が大きくて、電力会社から受け入れた1000キロワットほどの電力を使って、アンテナから放出される電波は500キロワットですから、電力エネルギーの効率は50%でした。

また、アンテナへの給電エネルギーからの電波放射効率では、92.6%の高効率でした。

前段の回転機設備は、同じ仕様のものが2セットあって、故障時には切り替えて運用可能でした。

更には、機器単独の故障にも対応できるように、たすき掛け運転も可能とする細やかな設計でした。

また、設備の起動後は自動制御されて、日本全国の電報を名古屋の電話局でまとめて、専用回線により遠隔操作よる発信が可能でした。

他方、送信相手からの受信は、西に30キロメートルの位置にあった四日市の海蔵受信所が受け持っていました。

これは、相手からの返信電波の周波数が近似しているので、強い送信電波の影響が少ない場所を選定する必要からです。

高周波発電機の出力を500キロワットを基準として考察すると、アンテナへの出力が540キロワットでした。

17,442ヘルツ(家庭用交流は60ヘルツです)の高い周波数を直接発電できなかったので、5,814ヘルツで発電した高周波をトリプラーとフィルター回路を介して3倍に変換していました。

この為に、トリプラーでの変換損失が約60キロワット生じて、電力効率が低下する一因でした。

また、モールス信号に合わせて電波を放射するために、特別な方法で高周波電流を断続的に制御していました。

この断続制御回路での損失が大きく、200キロワットありました。

詳しくは、下記の項目を参照してください。

2-2. 電源を供給

2-3. 安定した高周波を発生

2-4. 周波数を3倍に変換

2-5. 信号を注入

2-6. 電波を放射



トップ   差分 バックアップ リロード印刷に適した表示   全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom Powered by xpWiki
Counter: 93, today: 1, yesterday: 2
初版日時: 2018-08-15 (水) 16:02:02
最終更新: 2019-02-20 (水) 11:42:14 (JST) (32d) by hikoichi