彦市   » 依佐美送信所(改訂6版) » グリメトン無線局

1950 年代から1996 年の間は、潜水艦への送信も行われました。

そのため1968 年にはトランジスタや真空管を採用した2台目の送信機が導入されて、現在もまだスウェーデン海軍が運用しているようです。

従来の発電機式送信機の17.2kHzと同じアンテナを使っているが、2台目の送信機は40kHz付近で設計されているようです。

1996 年に、旧式となった発電機式送信機による運用を停止しました。

しかし送信機の状態が良かったので、国の史蹟として指定を受けることになったのです。

発電機式送信機は、アレキサンダーソン・デイとクリスマス・イブ に限り運転されます。

そして、発電機式送信機による17.2 kHzのモールス信号で特別記念局が開局されます。

また、夏期には送信機を見学することもでき、アレキサンダーソン・デイにはイベントが催されます。

同局は、超長波送信だけにとどまらず、短波帯、FM放送、テレビ放送の送信も行っています。

1966 年には、40kHz用送信機のある建物の隣に地上高 260 mの支線付マストが建てられました。

 以上はウィキペディア「ヴァールベリの無線局」から引用しました。

依佐美送信所と類似した施設ですが、以下の点が相違しています。

1.高周波発電機

2.駆動モーター

3.アンテナ線敷設状態

4.運転操作盤と制御回路

1.高周波発電機

高周波発電機の設計では、磁極数と回転数が問題になります。

周波数が高いほど、磁極数を多くして回転数も高くしなければなりませんが、遠心力によって機械が破損する危険があるので、設計上の制約があります。

グリメトン無線局の発電機は、この問題点を解決する為に、スエーデン人であるアレキサンダーソン氏が考案したものです。

製造はアメリカのGE社ですが、当時はアレキサンダーソン氏が所属していました。

その特徴ある構造は、回転子磁極を挟むように、両側に固定子磁極を配置して、磁極形状を軸方向に長手の長方形として円周上により多く配置できる形状としています。

更には、回転子のリブ部を絞り込むことで重量を減らして、許容遠心力の回転数で規定の周波数を発電できる大型機の開発に成功しました。

(従って、トリプラーは使用されておりません

2.駆動モーター

稼動実況映像から判断したのですが、駆動モーターは巻線型誘導電動機のようです。

1.大型の液体抵抗器が3台ある。

2.駆動モーターにスリップ・リングがあって、ブラシが多数配備されている。

3.大型整流器やM-G(交直変換機)が見当たらない。

4.中間に歯車増速機を入れている。

以上の理由ですが、この方式では発電周波数のバラツキが少し気がかりですが、設備がシンプルです。

回転数の安定化は、2個のはずみ車(モーター側と発電機側)と歯車増速機、それにモーターの2次抵抗制御で実現しています。

駆動モーターの出力は300KW程度と推定されます。

3.アンテナ線敷設状態

4本足の固定式T型鉄塔であり、高さ127 m 頂部には補強された幅50 mの水平架台があります。

これが6基直列に配置されて先端がアメリカに向けられていると推察します。

これに、8本のアンテナ・エレメント線が並行して吊架されています。

エレメント(水平部分)の長さは1440mで依佐美よりやや短いと推察します。

Multiple tuned antenna (複同調式)であり、末端部に調整用コイルを接続してアースに落としています。

この方式は、指向性が強いので放射電波が効率よく伝わります。

構造がシンプルで場所も取らない。

海岸局なので、塩害に対する考慮がなされています。

それは、傘型の絶縁カバーとリング状の放電環の組み合わせです。

傘型のカバーは塩分の付着を減らす為であり、放電環は雷などの異常電圧を低減する為です。

この鉄塔には支線が無く、地上50 m付近までの構造には工夫が凝らされています。

つまり、2本足に分割された鉄塔を地上で組み立て、足の外側2か所をピン接続として横に並べた状態から、ウィンチとワイヤーで引き上げる工法によって、頂部で合体させています。

安全度の高い工法であると思います。(2分割トラス

4.運転操作盤と制御回路

アメリカのGE (GeneralElectric編集)社が制作したもので、ドイツのテレフンケン社製の依佐美送信所のものとはかなり相違しています。

途中で改造されているであろうから、単純に比較できませんが、当時の技術レベルでは、アメリカのGEとドイツのテレフンケンが世界をリードしていたと思われます。

余談ですが、明治時代に日本に水力発電所が建設された際に、東京電力ではアメリカから、関西電力ではドイツから発電機を輸入しました。

これが、50 サイクル地域と60 サイクル地域が生じた始まりです。

このように、アメリカとドイツの2強が重電業界を2分していたと推察します。

5.参考ビデオYouTube編集

https://www.youtube.com/watch?v=FaSNAkL2KFE Grimeton langvagsradiostation

設備の紹介(停止中の状態

https://www.youtube.com/watch?v=DPgKjyZedug SAQ Grimeton transmission 2016-08-16

最新のライブ配信映像(固定カメラで32分間、起動から停止までと送信文

https://www.youtube.com/watch?v=s1bWRTR6qlE Radiostation Grimeton SAQ 17.2 kHz

世界遺産に登録されている、通称「ヴァールベリの無線局」

送信所の概要と歴史、塔の建設状況、記念行事など

https://www.youtube.com/watch?v=-S6gXmElHoI Grimeton Radio Station - My Alexanderson Day visit on July 3 2011

アレキサンダーソン記念日の運転状況、設備の説明 (起動から停止まで10分間

https://www.youtube.com/watch?v=h9c3uVEXYQ4 Besok pa Grimeton radiostation, 7 Aug 2010

設備の状況が良く分かる映像



トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード印刷に適した表示   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom Powered by xpWiki
Counter: 8, today: 1, yesterday: 0
初版日時: 2018-08-18 (土) 19:34:27
最終更新: 2018-10-11 (木) 19:43:14 (JST) (35d) by hikoichi