彦市   » シニアのパソコン活用例 » 6.スマホ・カメラとの連携データ処理

スマホのカメラ機能は、従来のポケットカメラを凌いでいます。

気軽に撮影出来て、SNSやブログに直ちに投稿できます。

しかし、安直に実行すると問題が発生します。

他人の顔が写っていたり、撮影場所の位置情報が入っていたり、撮影禁止場所であったり・・・

後で問題を生じることがあります。

一般に、投稿したデータを削除する事が困難です。

特にSNSでは、拡散してしまうと対処不可能です。

そこで、撮影データをパソコンに移して、データ処理と整理をする事がベターです。

その後、再検討して外部に提供すれば安全度が高まります。

また、後日の再利用も容易です。

私は、高齢者向けであるドコモ社の「らくらくスマホ」を使っています。

それに、有料アプリ「Apowersoft_Manager」と「Apower_Edit_Pro」を使っています。

スマホのデータをメイン機に移して、加工処理しています。

操作が簡単なので、高齢者でもストレスなく利用できると思います。

12.jpg

13.jpg



トップ   差分 バックアップ リロード印刷に適した表示   全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom Powered by xpWiki
Counter: 64, today: 2, yesterday: 0
初版日時: 2018-11-16 (金) 21:07:18
最終更新: 2018-11-20 (火) 18:10:53 (JST) (124d) by hikoichi