彦市   » シニアのパソコン活用例 » 4.電子ブックの購読

私は従来から、7インチのAmazonKindle編集端末を使っています。

最近では、メイン機からも利用できるようにしています。

「Kindle for PC」のWindows版をインストールすれば、パソコンで購読出来ます。

アマゾンで、通常の購買手続きでダウンロード出来ます。(無料)

購買手続きが済むと、メールでダウンロードURLを指示してきます。

既に購入済みの本があれば、それらのデータも含めて、ダウンロード出来ます。

キンドル端末と同様に、「設定」ページで、フォントの種類とサイズ、ページ上の表示幅、バックグラウンドのカラーモードなどを変更できます。

従って、慣れれば活字の書籍よりも読み易いです。

また、活字本よりも2・3割安価です。

私は、キンドル端末とパソコンを使い分けています。

専門書では、パソコンの方が使いやすいです。

9.jpg



トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード印刷に適した表示   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom Powered by xpWiki
Counter: 36, today: 1, yesterday: 0
初版日時: 2018-11-16 (金) 19:59:36
最終更新: 2018-11-20 (火) 18:08:08 (JST) (61d) by ゲスト