彦市   » 依佐美送信所ー改訂 » 電力受電設備

1。設置時の受電設備

東邦電力会社の依佐美変電所から、1 km を架空線で、そのあと依佐美送信所までの 1 km を地中ケーブルによる専用回線で 3 相 3,300 V で 1,800 KVA の電力を受電していました。

所内変電所では、高圧遮断器と電灯回路用の変圧器が設備されていた程度ではなかったかと推察します。

昭和 11 年の短波送信所が建設された頃に前後して、3,000 KVA の専用回線が増設されて、電源の信頼度が向上したと推察します。

非常電源は75 KW のヂーゼル発電機でしたから、所内照明と制御電源程度の負荷に対処していたと推察します。

送電線系統は、矢作川水系と豊川水系の水力電源から供給されていたと推察します。

 

2。アメリカ軍使用時の受電設備

昭和 45 年 7 月になって、250 kw の真空管式送信機が設置されて、従来の設備と併用されることになりました。

昭和 49 年になって、3 相 6,600 V に昇圧されて、所内で 3,000 KVA と 1,800 KVA のタイトランスにより、並列2バンクで 3,300 V に降圧していました。

3,000 KVA からは、短波送信所への電源供給が含まれていたと推察します。

そして、非常電源として、3,300 V, 1,550 kw の高圧ヂーゼル発電機が設置されていました。

この体制で安定した電源が確保されたので、無停電運用が実現していたと推察します。




トップ   差分 バックアップ リロード印刷に適した表示   全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom Powered by xpWiki
Counter: 5, today: 1, yesterday: 0
初版日時: 2018-02-01 (木) 18:55:04
最終更新: 2018-02-15 (木) 15:36:25 (JST) (6d) by hikoichi