彦市   » 依佐美送信所(改訂5版) » ヨーロッパ諸国への送信


昭和 4 年当時にヨーロッパ諸国まで電波が伝わったことは驚きです。

日本からヨーロッパ諸国までは直線距離で約1万km です。

この遠距離通信に適した周波数は 15,000 Hz から 30,000 Hz でしたので、依佐美送信所の周波数が 17,442 Hz に決定されたのです。

(低い周波数ほど減衰が少ないですが、15,000 Hz 以下は可聴周波数帯になるので実用できません。)

昭和11年11月からは、1km 離れた隣接地に短波送信所が併設されて、短波による遠距離通信の時代になりました。

 

電波の性質上から、波長が短いほど直進性が強くて、減衰も多いと言われています。

このため、超長波で強い電波であれば、放射した電波の一部が地表面に沿って電導・反射や屈折を繰り返して伝搬したと言われています。

この条件を容易に見つけることは困難ですが、既に、依佐美送信所建設より10年ほど前から、世界の先進国では、超長波による遠距離通信の実績がありました。

依佐美送信所は、これらの実績に基づいた技術で建設されたものです。

下図は、私が推察する電磁波としての伝播を説明するものです。

この「電磁力」の実態は未だ解明されておりませんが、超長波による長距離通信の可能性を説明するものです。

螺旋軌道-1.jpg

螺旋軌道-2.jpg

逆L型アンテナの鏡像効果によって、電波としての磁力線が地表面に沿って螺旋状に回転しながら直進します。

1波長で螺旋軌道を1回転しますので、同じ距離で比較すると、波長が長いほど1回転で進む距離が長いので、減衰が少なくて済みます。

減衰すると、螺旋軌道の径が小さくなります。

螺旋軌道の径は、エネルギーの大きさに比例していますので、上図では、螺旋軌道-1 > 螺旋軌道-2 > 螺旋軌道-3 の関係があり、軌道径が受信感度以上あれば、その地点で受信が可能です。


トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード印刷に適した表示   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom Powered by xpWiki
Counter: 8, today: 1, yesterday: 0
初版日時: 2018-05-11 (金) 12:55:11
最終更新: 2018-04-20 (金) 20:29:05 (JST) (31d) by hikoichi