彦市   » 依佐美送信所ー改訂 » はじめに

筆者が 「依佐美送信所ボランティア・ガイドの会」に入会したので、先ずは、自分が設備の内容を理解する必要があって、電気技術者の立場から学習したところ、当時の技術レベルの高さに驚きました。

しかし、機器の構造が不明であったので、ヨーロッパまで届いた電波をつくる機能が理解できませんでした。

そこで、関係資料を検索しましたが技術資料が乏しいので、自分が設計者になった気持ちで、回路や機器の構造を推察してみました。


公開した理由は、ボランティア・ガイドの皆さんと知識を共有すると同時に、技術的な事項に関心がある皆さんに依佐美送信所の技術的価値を知っていただきたいからです。

また、この記事を読んで興味を持っていただき、一人でも多くの方に見学していただきたいからです。

2016年12月に初版を公開しましたが、内容に多くの間違いがありましたので、2017年4月に改訂版を、2017年7月に第2改訂版を、2017年12月に第3改訂版を、今回(2018年2月)全体を見直して第4改訂版を公開します。

「依佐美送信所ガイドボランティアの会」の先輩会員から技術資料の提供と貴重な助言をいただきました。

先輩や有識者のご意見を参考にしながらも、納得できない事項もあり、今回の修正では、思い切って自分流で独自理論で解析しました。

先輩方の公開資料と重複しないように心がけてレポートをまとめております。

従って、まだ間違い箇所があるかと思っていますが、既に発表されている関係資料の捕捉として参考にして頂けたら幸です。

尚、このレポートは「依佐美送信所ガイドボランティアの会」の承認を得ておりませんので、この記事内容に誤りがあっても筆者個人の責任であります。(2018.02.04)

 

著作権は個人にありますが、仲間のボランティア・ガイド活動に役立つのであれば嬉しいので、ガイド活動に限り、どうぞご自由に利用してください。

 

下記のウェブサイトとも関連がありますので、併せてご覧ください。


1.依佐美送信所 公式サイト
https://www.city.kariya.lg.jp/kankobunka/rekishibunka/rekishi/yosamisoshinjo.html


2.JA2DJN のページ (Yosami VLF Transmitting Station )
http://www.katch.ne.jp/~teru-y/yosami/yosami-2.htm




トップ   差分 バックアップ リロード印刷に適した表示   全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom Powered by xpWiki
Counter: 8, today: 1, yesterday: 0
初版日時: 2018-02-01 (木) 18:43:22
最終更新: 2018-02-15 (木) 15:29:43 (JST) (6d) by hikoichi