彦市   » 二宮尊徳 » Backlinks for: 結論

これらのキーワードがハイライトされています:結論

Return to 結論
  • MenuBar (244d) [ MenuBar ]
    最新の20件 2018-10-14 おわりに 報徳の公益 報徳分度論 二宮翁夜話 度外の推譲 報徳論 報徳記 分度の模範 分度の必要 分度の原則 分度と報徳結社 二宮金次郎の生涯 貧富の定義 総論 結論 戦前の道徳教育 中庸の分度 はじめに 2018-04-13 AutoAliasName BracketName
  • 二宮尊徳 (244d) [ 1.はじめに ]
    1.はじめに 2.戦前の道徳教育 3.二宮金次郎の生涯 4.報徳記 5.報徳論 6.二宮翁夜話 7.報徳分度論 第1章 総論 第2章 貧富の定義 第3章 分度の必要 第4章 分度の原則 第5章 度外の推譲 第6章 分度の模範 第7章 分度と報徳結社 第8章 中庸の分度 第9章 報徳の公益 第 10 章 結論 8.おわりに
  • 戦前の道徳教育 (60d) [ 二宮金次郎が生まれたのは今から200年近く前です。 ]
    二宮金次郎が生まれたのは今から200年近く前です。 この頃からの道徳教育について考察してみました。 江戸末期ですから、「士農工商」と云う階級社会は比較的安定していたと思われます。 武士の子弟は藩校で教育を受けて、道徳教育に関しては朱子学を学んで、指導者に必要な儒教的倫理観を身につけたと思われます。 更に、西洋文化の輸入もあって、文明開化の予兆を感じていたかもしてません。 庶民の子供は、殆どが無学で家業の手伝いで明け暮れていたと思われます。 余裕がある家庭の子供は寺小屋で教育を受けて、日常生活に役立つ...
  • 総論 (60d) [ 全文を口語調で書き換えました。 ]
    全文を口語調で書き換えました。 分度とは、興国安民対策の根元であり、経済の基礎を確立し、公益に資することと両立する方法です。 道義の面から解釈すると道徳学に属し、経済面から解釈すると経済学に属します。 従来の道徳は、労多くして功少なく、永くは続け難いものでしたが、この分度は、道徳と経済が併存できて、実現可能な実学です。 故に、経済を修めようとする者は分度によるべきです。 分度を立てるには、先ずは道徳学を修めて、報徳の心で実行することが第1です。 全体の教義を述べることは、本論の主眼でありません。 そ...

トップ   差分 バックアップ リロード印刷に適した表示   全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom Powered by xpWiki
Counter: 74, today: 1, yesterday: 1