彦市   » 二宮尊徳 » 報徳の公益

要約です。

貧富強弱はいずれの世にもあり、これを平準化することは困難です。

しかし、分度の方法によって平準化が進められれば、報徳により、個人にも国家にも利益となります。

 

識者の中には、色々な理由を付けて異論を唱える人があるが、真実を知らないからです。

報徳の道は、例えて言えば、尺取虫の如くです。

一旦は縮むが、これは伸びる為の準備行動なのです。

識者は、自分が富むことを欲しても、多数の人が富むことを望まないのですか。

社会に有益な活動をしている報徳結社を知らないのですか。

 

今や、社会の風潮は弱肉強食の修羅場となろうとしています。

この逆潮を元に戻すには、他に良い方法があるでしょうか。



新しくコメントをつける

題名
ゲスト名
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ

トップ   差分 バックアップ リロード印刷に適した表示   全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom Powered by xpWiki
Counter: 5, today: 1, yesterday: 0
初版日時: 2017-11-27 (月) 05:22:16
最終更新: 2018-02-15 (木) 15:22:06 (JST) (4d) by hikoichi