彦市   » 電気の話(文科系者向け) » 電気の危険性

感電・・・人体に電流が流れることで、その電流値と時間が問題です。

例えば、静電気の場合は、電圧が1万ボルト近くあっても、電源容量(電気量)が僅かなので、一瞬の放電で終わります。

しかし、雷では、電圧が5万~50万ボルトもあり、電気量も多いので、落雷被害も大きくなります。

d-1.jpg

感電現象は、人体内を電気が通過することです。

電気が流れる通路が問題で、流出点によっては、心臓部を通過して心筋梗塞の危険があります。

流出点3⇒2⇒1 の順に危険度が高いです。

30mAを超えると人命の危険があるので、漏電遮断器の設定は30mAとなっています。

人体に大きな電流が流れると、組織が焼損壊滅するので、その部分が後で腐敗します。

d-2.jpg

電流値は電圧と経路の総合抵抗値によって、「オームの法則」に準じます。

総合抵抗値 R = R1 + R2 + R3

感電電流値 I = V ÷ R

V = 100V の場合で、R = 1kΩ であれば、I = 100mA となります。

人体内は海水と同じ塩分濃度ですから、一般に、数百Ω以下です。

手足の接触抵抗は、乾燥状態でそれぞれ4kΩ程です。

風呂場などの湿った状態では、それぞれ1.5kΩ程になります。

従って、素手や素足状態では、接触抵抗をそれぞれ1kΩ程として、30mA 近くの感電電流値と推定されます。

 

このように、流入点と流出点の接触抵抗が小さいほど大きな電流が流れます。

このため、濡れ手や裸足では、危険性が高くなります。

60V以下の電圧では人命の危険が殆ど心配ありませんので、電気事業法では「小勢力電源」として、規制から外されています。

 

電気火災・・・漏電や抵抗過熱によって、可燃物が発火します。 また、放電時のスパークによって、可燃性ガスに引火して火災となります。

配線の工事不良や絶縁体劣化によって、建物への漏電が発生します。

漏電経路に可燃物があると、抵抗発熱が繰り返されて炭化したり、高温となって発火します。

電化製品の間違った使用方法で過大な電流が流れて発熱することもあります。

ヒーターを内蔵した器具では、放熱が悪いと、長時間の使用で発熱します。

また、家庭用のコンセント回路は、最大電流が20Aに制限されてはいますが、常時10アンペア以上の電流で使用すると、コンセント部が発熱して、プラスチック製カバーが変色します。

この様に変色したコンセントは、内部が炭化して発火する危険があります。(トラッキング火災)

従って、コンセントの取替やコード部分の検査確認が必要です。

ガソリン等の可燃性液体やLPガスなどの可燃性ガスが存在する場所では、電気器具や配線のスパークで引火爆発する危険があります。



トップ   差分 バックアップ リロード印刷に適した表示   全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom Powered by xpWiki
Counter: 80, today: 3, yesterday: 1
初版日時: 2017-11-01 (水) 15:31:16
最終更新: 2018-10-14 (日) 12:03:35 (JST) (128d) by hikoichi