彦市   » 電気の話(文科系者向け) » 接地(アース)の重要性

電化製品には、アース敷設用の配線や端子が付いています。

これは、内部の電気部品が損傷して筐体(ケース)に漏電した場合にも、取扱者に危害を与えないような安全対策の為です。

つまり、アース敷設されておれば、筐体の電位上昇が僅かであり、人が触れても感電しないです。

アース敷設の方法は、コンセントのアース端子に接続するか、電極棒を地中に埋設して、アース配線を延長して接続しなければなりません。

アース極(アース棒)の接地抵抗値は100オーム(Ω)以下にしなければなりません。

アース敷設されていない場合は、電化製品の故障時に筐体に100Vの電圧がかかるので、手が触れると感電する危険があります。

d-9.jpg



トップ   差分 バックアップ リロード印刷に適した表示   全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom Powered by xpWiki
Counter: 70, today: 1, yesterday: 0
初版日時: 2017-11-01 (水) 15:31:51
最終更新: 2018-10-14 (日) 12:04:56 (JST) (128d) by hikoichi