彦市   » 電気の話(文科系者向け) » 感電現象

5.感電現象

同じ電流が流れた場合でも、図のように①,②、③ のルートが想定されます。

③⇒②⇒① の順に危険度が高くなります。

これは、心臓部近くを電流が流れると、心筋梗塞を引き起こす危険があるからです。

電流の流入点(手)と流出点(足)のルートで考えると、図のような電気回路に相当します。

ここで、人体内は海水に近い塩分濃度であり、0.5Ω程度の低抵抗です。

そこで、手の皮膚の乾燥状態や足の保護具の着用などが大きく影響します。

洗濯場や風呂場では、手が水で濡れたり裸足ですから、電気が流れ易くて危険度が高くなります。

また、感電による人体損傷度は、電圧が高いほど、通電時間が長いほど大きな被害となります。



トップ   差分 バックアップ リロード印刷に適した表示   全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom Powered by xpWiki
Counter: 65, today: 1, yesterday: 0
初版日時: 2018-04-13 (金) 18:50:00
最終更新: 2018-10-14 (日) 12:04:35 (JST) (128d) by hikoichi