彦市   » 電気の話(文科系者向け) » 共振現象

ある特定の周波数で、回路上のインダクタンスとキャパシタンスが等しい状態になれば、インピーダンスの計算式では純抵抗のみとなります。

この状態では、回路上に純抵抗だけが存在するごとき結果になり、インピーダンス値が低い値となります。

この状態を共振現象(同調回路)と呼ばれています。

直列回路での共振現象では、コイルとコンデンサーの間でエネルギーを交互に交換することになって、回路内に高い電圧が発生します。

d-8.jpg

従って、この共振周波数の交流波形は優先して回路を通過できます。

また、同調した周波数においては、基本波よりも高い電圧が得られます。

高周波電源で、この原理を応用すると、電波を送信したり、受信することができます。



トップ   差分 バックアップ リロード印刷に適した表示   全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom Powered by xpWiki
Counter: 74, today: 1, yesterday: 0
初版日時: 2017-11-01 (水) 15:36:42
最終更新: 2018-10-14 (日) 12:06:49 (JST) (128d) by hikoichi