彦市   » 近代の国際歴史観を紹介 » Backlinks for: 近代の国際歴史観を紹介の目次

これらのキーワードがハイライトされています:近代の国際歴史観を紹介の目次

Return to 近代の国際歴史観を紹介の目次
  • 軍産複合体と闘うオバマ (3d) [ 軍産複合体と闘うオバマ ]
    2016年3月23日  3月中旬に米国の月刊誌「アトランティック」が、4月号の記事として「オバマ・ドクトリン」と題する記事をネット上で発表した。 米国の軍事・国際政治の分野において「ドクトリン」は「世界戦略の基本理念」を意味する。 この記事は散漫で、非常に長い(この10年間のアトランティック誌で最も長い)ので基本理念を簡潔に示していないが、記事の最後に全体を要約するかたちでオバマ・ドクトリンとは何かが書いてある。 「中東は、もはや米国にとって最重要な地域でなくなっている。大きな経済発展が期待される...
  • 金融覇権をめぐる攻防 (3d) [ 金融覇権をめぐる攻防 ]
    2011年9月19日 これは「新刊本・第4章:歴史各論」の続きです。 ▼タックスヘイブンを使った世界支配とその終焉  英国人のジャーナリストにニコラス・シャクソン(Nicholas Shaxson)という人がいる。 彼は、英国の王立国際問題研究所(チャタムハウス)の研究員で、チャタムハウスの兄弟機関である米国の外交問題研究会(CFR)が発行するフォーリン・アフェアーズの論文執筆者でもある。 チャタムハウスとCFRは、米英中枢のために世界戦略を考える組織だ。 シャクソンは、米英中枢から一目置かれる存在...

トップ   差分 バックアップ リロード印刷に適した表示   全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom Powered by xpWiki
Counter: 34, today: 1, yesterday: 0