彦市   » 町内会活動

TOP

サブカテゴリー

町内会規約(例)
  
暮らしやすい街づくりのために、町内会の役割が重視されつつあります。
しかし、現実は、町内会の組織は弱体化しているのではないでしょうか。
いま、どこの町内会でも指導者の選出について、困難になりつつあります。
私の所属する町内会で、今回規約を見直しました。
そこで、他の町内会で規約を整備をされる際に、参考になればと思い公開します。

○○○町内会 規約             

第1条(会員)
この会は、○○○に居住する人を対象 に世帯単位(生計単位)で会員を構成する。

第2条(目的)
この会は、会員相互の協力によって、親睦並びに安全衛生および福祉の増進を 計り、住みよい街とすることを目的とする。

第3条(役員)
この会の事務所は、町内会長宅に置き、次の役員により任期を2年として運営 する。(役員の職務は、付則第1項に定める。)
但し、組長は任期を1年とする。
(イ)会長 1名
(ロ)副会長 2名
(ハ)会計 1名
(ニ)組長 各組1名
委嘱役員
(1)氏子総代 1名
(2)保健委員 1名   (副会長②が兼務する)
(3)消防委員 1名   (副会長②が兼務する)
(4)区政協力委員 1名 (副会長①が兼務する)
(5)会計監査 1名

第4条(役員選出)
  町内会の役員及び委嘱役員は、下記の3区域を選出単位とし、順次当番区域から選出する。
   (選出方法は付則第8項に定める。)
     ① ○組と○組と○組と○組
     ② ○組と○組と○組
     ③ ○組と○組と○組
   2.組長は、各組で輪番に選出する。(特例を付則第5項に定める。)
   
第5条(会費)
  この会の運営は、次の資金をもって行う。
  (1)入会金 1世帯 ○○○円
  (2)通常会費 1世帯 1ヶ月 ○○○円(4月と10月に6ヶ月分づつ ○○○円 を前納)
      但し、期中の転入世帯はその翌月分より計算する。
  (3)生活保護世帯で本人から申請のあった場合には、半額にする。
  (4)単身者集合住宅については、特例扱いとしてその都度定める。(付則第6 項に定める。)
  (5)臨時会費  この会の資金に不足が生じた時は、臨時総会の議決を経て、臨時に会費を徴収することができる。
  (6)納入された入会金及び会費は、原則として返金しない。

第6条(総会)
   総会は、次の議題について毎年3月下旬から4月上旬に開催する。
   総会は、会員数の過半数の出席により成立する。(委任状を認める)
    ① 活動経過報告
    ② 会計決算報告
    ③ 予算案審
    ④ 提案議題審議

第7条(会計年度)
   会計年度は、当年4月1日より翌年3月31日迄とする。

第8条(運営)
   この会の運営は、会長が統括し、各役員は日常業務を分担する。
   運営上で疑義が生じた時は、会長及び副会長で協議し、合意により決定する
   合意できないことや重要な問題が発生した場合には、会長の判断により、臨 時総会を開催することができる。

第9条(香典および見舞金)
   会員世帯に不幸が発生した場合は、香典または見舞金を贈る。(付則第3項、第4項に定める。)

第10条(助成金)
   この会の目的達成のため、関係組織に対して助成金を支給する。(付則第2 項に定める。)

第11条(役員及び専門委員への謝礼)
   役員及び専門委員に、謝礼として記念品等を年度末の贈る。(その総額は付則第6項に定める。)

第12条(自主防災会の設置)
   町内会に○○自主防災会を設置し、規約を制定する。
 2.○○自主防災会の活動は、当会規約の規定により行う。

第13条(改廃)
   規約の改廃は、総会または臨時総会で審議し、会員総数の過半数の同意を  得なければならない。
   但し、付則の改廃については、回覧による周知で過半数の 同意を得ればよい

第14条(適用)
   この規約は、○○年○月○日より適用する。
                                     以上



 ○○○町内会 規約付則  

第1項(職務)
    各役員の職務は、次の通りとする。
     (1)町内会長  (満80歳未満)
        ① 町内会の統括代表
        ② 総会及び役員会の開催(町内諸行事の協議)
        ③ 区役所、その他外部との折衝
        ④ 弔慰関係
        ⑤ 民生委員と協力し、高齢者の生活環境を把握

     (2)副会長①  (満75歳未満)
        ① 会長補佐
        ② 区政協力委員を兼務
        ③ 町内回覧の作成および配布
        ④ 日赤募金及び赤い羽根募金のとりまとめ

     (3)副会長②  (満70歳未満)
        ① 会長補佐
        ② 消防委員を兼務
        ③ 保健委員を兼務
        ④ 防犯灯管理

     (4)会計    
        ① 町内会費の徴収
        ② 諸費用の支払
        ③ 出納帳の記録

     (5)氏子総代   
        ① ○○○神社諸行事への協力
           (正月、節分、夏祭り、秋の祭礼等)
        ② 上記行事の町内への連絡、ご祈祷希望者のとりまとめ
        ③ 町内の祭礼行事を指導
        ④ 氏子費のとりまとめ

     (6)保健委員   
        ① 保健委員会に出席
        ② 保健所からの連絡事項の伝達、掲示、とりまとめ
        ③ 資源ゴミステーションの管理と指導

     (7)消防委員  
        ① ○○○消防団に協力し、町内会への連絡、とりまとめ
        ② 火災予防、年末防火パトロール
        ③ 防災知識の普及と防災訓練

     (8)区政協力委員 
        ① 区政協力委員会に出席
        ② 区の諸行事に協力し、町内会への連絡、とりまとめ

     (9)会計監査  
        ① 決算時に会計帳票を監査する

     (10)組長    
        ① 所属する組の意向を反映させながら、町内会の運営に協力する

第2項(助成金)  
    町費からの助成金は、次の通り配分する。
    助成金を受けた会は、決算報告書を町内会に提出する。
     ① 子供会        ○○○円
     ② 祭礼実行委員会   ○○○円

第3項(香典)
    会員として、町内会名簿に登録している人の中で死亡の知らせを受けた時    は、下記の香典を届ける。
    一律  ○○○円
    
    会員世帯に災害が発生した時は、下記の見舞金を届ける。
    (イ) 火災の場合       ○○○円
    (ロ) 風水害の場合     ○○○円
    (ハ) その他の場合  原則出さない。

第4項(組長選出の特例)
     家族全員が、4月1日現在で満年齢80歳以上となる場合は、本人の申し   出により組長を免責する。
   2.病気等の特別の事情があって、組長の職務に耐えないと認められる場合   は、組長を免責する。(会長判断)

第5項(単身者集合住宅の特例)
    ○○○(単身者マンション)については、管理会社より通常会費の2分の1の    金額で全戸分を町内会費として受ける。
    入会金はなしとする。
    入居者は申し出が無い限り町内会会員としない。

第6項(記念品)
    役員の労苦に対して感謝の意を込めて、年度末に記念品を贈呈する。
    但し、総額○○○円迄とする。

第7項(役員の選出方法)
    現執行役員が、次期担当グループから公平な判断を心がけて、適格者を調 査、交渉する(過去の経験者も対象とする)。
    まず、三役(会長と副会長)候補の3名を内定する(この3名で話し合って、役 職を決める。
    もし、決まらない場合は、くじ引きとする)。
    その他の役員は、輪番選出で調査、交渉して内定する。後日に、総会の承  認を得て決定する。
 2. 上記の方法で決定できない場合は、総会において、直接投票で選出する。
    その選挙前に、現執行役員による交渉経過を発表して投票の参考とする。
    また、その該当者で、役員に選出されても就任できない理由がある場合には、選挙前に拒否宣言することができる。
 3. 選挙の方法は、1名単記とし、三役(会長と副会長)、会計、総代、保健委員、会計監査の順で選出する。
    三役については、投票結果の上位3名を選出して、この3名で話し合って役  職を決める。
     話し合いで決まらない場合は、くじ引きとする。
                                                        以上
発電機の保守・試運転手順書(例)
発電機の保守・試運転手順書(例)
作成 平成30年9月24日 

実施日

6ヶ月に1回、毎年6月と12月の第1日曜日、午前10時に試運転を行います。
天候条件や担当者の都合が悪い場合には、順延とします。

試運転の手順

1.給油
計量カップにガソリンを500㎖ 計量して、発電機に注入する。

2.起動準備
燃料コックを開く(図-1)⇒ エンジンスイッチを始動側にする(図-2)⇒ チョークを全閉にする(図-3)

3.起動操作
スターターグリップを握り、手ごたえが重くなる位置まで軽く引き、この位置から勢い良く引っ張る。(図-4)
エンジンが始動したら、スターターグリップを元の位置まで戻す。
エンジンが安定したら、チョークを全開にする。(図-5)

4.負荷接続
交流コンセントに電熱器と照明灯を接続する。(図-6)
交流スイッチを入れて、負荷をかける。
燃料が無くなって停止するまで運転確認する。

5.停止後の操作
エンジンスイッチを停止側にする(図-7)⇒ 燃料コックを閉じる(図-8)⇒燃料コック下のストレーナカップを左に回して外し、カップのガソリンを排出する(図-9) ⇒キャブレター底部のドレンねじを緩めてキャブレターのガソリンを完全に排出する。(図-10)

6.貯蔵ガソリンの取扱い
エンジン運転中の給油は禁止です。
保存期間は最長で1年です。
従って、2回目の試運転終了後(12月)に貯蔵ガソリンを全量入れ替えします。
(古いガソリンは少し劣化していますが、自動車エンジンには使えます)


図-1 図-2 図-3

図-4図-5

図-6図-7
図-8 図-9 図-10



以上
自主防災会で取り組むべき事項(例)
自主防災会で取り組むべき事項(例)

作成 H28.8.31 
改訂 H30.7.24 

A.災害時の行動指針

1.活動の開始
震度5強以上の地震が発生して、1時間が経過した時点で、文木町内に家屋倒壊などの災害が発生したと判断される場合とする。

2.集合場所は防災用品倉庫
役員は家族と自宅の安全を確認した後に、家族の理解を得て、自主的に参集する。
安全な服装と履物で、活動できる健康体であること。
もしも、活動できない場合には、家族又は同じ組から代行者を出すこと。

3.活動内容

1)。会員全員の安否確認をする。
 組長が自分の所属する組の会員全員の確認をする。
 そして、副会長が集計する。 
2)。消火活動の判断と実行
 初期消火できる範囲とする。
3)。救援活動の判断と実行
 機材が無くても救助できる範囲とする。
4)。情報収集活動の判断と実行
 ラジオの情報と他地区からの情報を参考にして、状況判断する。
 スマホによる行政との連絡を密にして、孤立しないようにする。
5)。物資調達活動の判断と実行
 被害が甚大な場合は、救援物資が早く届くように、活動する。
6)。鳴海学区防災組織との連携
 上部組織である鳴海学区の区政委員会の指示に従って、連携行動を心がける。

4.活動の終了
 行政からの支援が開始された時点、又は任務が終了したと判断できる時点で、会長が活動の終了を宣言して解散する。
その後の事情で、活動が必要となれば、会長の判断で、担当役員を再招集する。


B.ライフラインが停止中の行動指針

1.要望や苦情を聞き取り

家屋の倒壊までに至らず、電気・ガス・水道のライフラインが停止した場合には、復旧するまでの間は、役員が手分けして、1日に1回の頻度で会員の要望や苦情を聞き取り調査する。

2.問題解決のため、役員が仲介

互助精神により、町内会の会員間で、要望や苦情に協力出来るように、役員が仲介の労をとる。
具体的には、食糧、薬品、消耗品の融通や弱者への援護などです。

3.弱者にたいする支援行動

 弱者とは、寝たきり状態の人、病気治療中の人、身体に障害がある人、乳幼児、妊婦など介助や支援を必要とする人です。

● 組長は自分の組内の弱者対象者を常に把握することに努める。

● 在宅避難中は、支援者を定めて、支援者との連絡を密にする。

● 援助物品の配給時に漏れの無いように注意する。


C.役員の任務

1.災害発生時の活動事項と役割分担

* 災害発生直後に、役員は手分けして、各家庭を巡回する。
* 過去の事例を学習して、避難所でのトラブル防止に努める。
* 会員からの苦情や要望を取りまとめる。
* 常に、会員の実態を把握する。
* 調達物資は、要望する会員数を集計して、調達責任者が発注する。
* 配給物資は、要望した会員すべてに、公平に分配する。
* 計画的に、留守宅(空家)の巡回を実施する。

2.防災用品の管理と補充

* 役員は、器具の取り扱いについて学習しておく。
 防災テントの組み立て
 発電機の使い方
 簡易トイレの使い方
 リヤカーと担架の使い方

* 管理担当者は、定期的に、不足品の補充及び電池の交換等の保守をする。
 乾電池は、2年毎に全数交換する。(H30年8月に交換予定)

* 会長は、最新の会員名簿を管理する。
 個人情報の漏えいに注意しつつ、緊急時の対応の為に止む得ないものとして、防災倉庫に会員名簿の最新版を1部保管する。

以上
自主防災会で取り組むべき事項(例)
A.災害時の行動指針

1. 活動の開始

震度5強以上の地震が発生して、1時間が経過した時点で、文木町内に家屋倒壊などの災害が発生したと判断される場合とする。

2. 集合場所は防災用品倉庫

役員は家族と自宅の安全を確認した後に、家族の理解を得て、自主的に参集する。
安全な服装と履物で、活動できる健康体であること。
もしも、活動できない場合には、家族又は同じ組から代行者を出すこと。

3. 活動内容

1)。会員全員の安否確認をする。
 組長が自分の所属する組の会員全員の確認をする。
 そして、副会長が集計する。 
2)。消火活動の判断と実行
 初期消火できる範囲とします。
3)。救援活動の判断と実行
 機材が無くても救助できる範囲とします。
4)。情報収集活動の判断と実行
 ラジオの情報と他地区からの情報を参考にして、状況判断する。
 スマホによる行政との連絡を密にして、孤立しないようにする。
5)。物資調達活動の判断と実行
 被害が甚大な場合は、救援物資が早く届くように、活動する。
6)。鳴海学区防災組織との連携
 上部組織である鳴海学区の区政委員会の指示に従って、連携行動を心がける。

4. 活動の終了

 行政からの支援が開始された時点、又は任務が終了したと判断できる時点で、会長が活動の終了を宣言して解散する。
その後の事情で、活動が必要となれば、会長の判断で、担当役員を再招集する。


B.ライフラインが停止中の行動指針

1. 要望や苦情を聞き取り

家屋の倒壊までに至らず、電気・ガス・水道のライフラインが停止した場合には、復旧するまでの間は、役員が手分けして、1日に1回の頻度で会員の要望や苦情を聞き取り調査する。

2. 問題解決のため、役員が仲介

互助精神により、町内会の会員間で、要望や苦情に協力出来るように、役員が仲介の労をとる。
具体的には、食糧、薬品、消耗品の融通や弱者への援護などです。


C.役員の任務

1.災害発生時の活動事項と役割分担

* 災害発生直後に、役員は手分けして、各家庭を巡回する。
* 過去の事例を学習して、避難所でのトラブル防止に努める。
* 会員からの苦情や要望を取りまとめる。
* 常に、会員の実態を把握する。
* 調達物資は、要望する会員数を集計して、調達責任者が発注する。
* 配給物資は、要望した会員すべてに、公平に分配する。
* 計画的に、留守宅(空家)の巡回を実施する。

2.防災用品の管理と補充

* 役員は、器具の取り扱いについて学習しておく。
 防災テントの組み立て
 発電機の使い方
 簡易トイレの使い方
 リヤカーと担架の使い方

* 管理担当者は、定期的に、不足品の補充及び電池の交換等の保守をする。
 乾電池は、2年毎に全数交換する。

* 会長は、最新の会員名簿を管理する。
 個人情報の漏えいに注意しつつ、緊急時の対応の為に止む得ないものとして、防災倉庫に会員名簿の最新版を1部保管する。

以上

防災用倉庫の収納品(例)
防災用倉庫の収納品(私の町内会の例です) 

A.災害救助用品

1.組立式仮設テント(6畳相当 鉄パイプ・ビニールシート張り)1基 
2.発電機(AC100V-10A)  1台
3.救出用工具セット (バール、スコップ、ハンマー、その他)1式
4.コードリール(10m 2芯3口防雨型)1個
5.照明灯 (ハロゲン・ランプ 500W)1個
6.折りたたみ式担架 1個  
7.救急箱(20名分のセット) 1個
8.段ボール製組立式カセット・トイレ 4個 
9.折りたたみ式リヤカー(アルミ製)1台
10.虎ロープ(10mm x 30m)1巻
11.ヘルメット 3個
12.毛布  3枚
13.透明性糸入りビニールシート(2.7m x 3.6m)1枚
14.赤色灯(警棒形)1個
15.拡声器付きメガホン 1個
16.手提げランタン(LED型300 lux、単1を3個で連続22時間)1個
17.三角バケツ 5個
18.囲いシート張り・組立式簡易トイレ(300回使用分の吸収薬剤セット)1基
17.文房具 *1参照
18.応急薬品 *2参照

B.その他消耗品

1.トイレット・ペーパー 10巻
2.バスタオル 3枚
3.ビニール製ゴミ袋 (40L )10枚
4.気泡入り包装材(1.2m x 42m)1巻

*1 ハサミ、ピンセット、安全ピン。布ガムテープ、スコッチテープ。A3白上質紙。ボールペン、マジックペン、鉛筆。メモ用雑紙、掲示用雑紙。

*2 三角布、包帯、ガーゼ。簡易型マスク、ビニール手袋。脱脂綿、消毒用アルコール。風邪薬、頭痛薬、下痢止め薬、止血剤。

災害時仮設テント(例)
A.設置場所



B.構造



C.組立手順・・・組立手順書を参考にしてください。    

1. 資材の確認




2. 柱用スリーブ・パイプの取り付け

① 埋設パイプの盲キャップを外す(8箇所)

② スリーブ足を組み込む(白緑の位置には、短いスリーブを使用する)


3. 骨組パイプの組み付け

 タテ棒をそれぞれ記号を合わせて組み立てる
      タテ棒の上に、ヨコ棒をそれぞれ記号を合わせて組み立てる
      タテ棒とヨコ棒を金具で固定する(サドル2個と30mmの短いビスを使用する)


4. 屋根パイプを組み立てる

       屋根パイプセットとの位置関係を考慮しつつ、ポール用のパイプ8本を立てる
       屋根パイプセットを持ち上げて、ポール用のパイプに固定する

5. ブルーシートの展張

① 天井部の展張

② 裏面に透明ビニールシートを貼る(採光用)

③ 裏面部の展張

④ 両側面部の展張(夏季は上部20cm程度空ける)

⑤ 前面部のブルーシートは、上部を固定して巻き上げ状態とする

⑥ 内部床面に展張

6. 最終チェック

① パイプ接続金具のネジに緩みがないこと

② 天井シートにたるみがなく、雨水の流れ勾配があること

③ 雨水がテント内に流れ込まないこと

 * テント周辺に溝を設けたり、土盛して雨水を逃すこと

7. 強風時や余震時の対策

① 余震時の対策

L金具8本と鉄筋工事用番線で、四隅の柱棒を補強する

② 強風時対策

金属製ピン四本と虎ロープで、天井シートのまくれ上がるのを防ぐ

側面部の対策は、下部と中間位置に虎ロープを巻いてシートを押さえる

避難カードと避難リボン
避難カードと避難リボンの作成・配布

1.作成・配布の主旨

 万一、大地震が発生したら、健常者が協力して、逃げ遅れ者の援護と負傷者の救出を優先しなければなりません。

 何時発生しても、的確に対処出来るように、日頃の準備と訓練が必要です。

 この「避難カード」と「避難リボン」は、大地震災害時の避難状況の把握を容易にするため、予め全世帯に配布・周知しておくものです。

 避難する時には、必ず「避難カード」と「避難リボン」を活用してください。

 援護と救出活動の迅速化を図ることを目的としています。

2.使い方

 非常持出袋に取り付けて保管して頂きます。

「避難リボン」は、避難時に玄関ドアまたは門扉などの見易いところに結びつけます。

「避難カード」は、避難時のチェック・リストとして活用し、避難後に、救護本部に提出してください。

3.避難カード仕様 

(サイズは名刺大で両面印刷、ラミネート加工、ひも付き)

4.避難リボン仕様

 不織布製短冊形(幅5cm 長さ60cm)
 色はオレンジ色






個人情報保護規定(例)
○○町内会会員名簿における個人情報保護について

(申し合わせ事項)
   ○○町内会

   制定 平成○○年○月○○日

   記

プライバシー遵守のため、町内会会員名簿の取り扱いは、つぎの通りとする。

1. (名簿の保管責任者)

  名簿を保管する責任者は会長とする。

2. (名簿の整備)

   会長は、組長からの情報に基づき、名簿を整備する。

3. (名簿の種類)

  名簿はつぎのものとする。

   ① 全員名簿~「防災助け合いカード」から作成したもの
   ② 世帯別名簿~組別、世帯別に整備したもの
   ③ 高齢者名簿~満75歳以上を対象としたもの(敬老お祝い用)
   ④ 役員名簿~町内会の役員名簿(毎年更新)

4. (プライバシーの遵守)

  名簿の保管者は、プライバシーに関する個人情報保護のため、つぎの利用目的以外には使用してはならない。
       

5. (名簿の利用目的)
  ① 官公署等公共機関からの要請による場合。
  ② 町内会規約の運用上必要とする場合。
  ③ 災害時において安否確認に必要とする場合。

6. (防災助け合いカードの取り扱い)

   防災助け合いカードについては、別紙の「防災助け合いカード管理運用規約」による。

以上
互助クラブ規約(例)
私の所属する町内会で、高齢者を対象とした助け合いクラブを創設(試行)しました。
今後、高齢化が進むと、町内会でも、互助組織が必要になりつつあります。
規約の整備をされる際に、参考になればと思って公開します。

○○○互助クラブ規約

第1条(目的)
 町内会住民の融和をはかり、住みよい街とするために、ボランティア精神による家事サービスを目的とする。

第2条(会員)
 本会は、○○○に所属する満○○歳以上の者で、活動の趣旨に賛同してサービスを提供できる者で構成する。
入会者は、会長へ申し込むと、翌月より会員の権利を取得する。脱会者は、会長へ申し出る。

第3条(役員)
本会を運営するため、会長と副会長を総会で選出し、任期を○年とする。
会長は毎年○月に総会を開催し、サービスの実施結果を報告し、会員の意見を聞き、反省会とする。
副会長は会長を補佐する。会長は臨時総会を開催することができる。

第4条(サービス内容)
 ○○○の構成員を対象とする限定サービスであり、別紙の「サービス内容一覧表」による。(当面は、サービス対象を満60歳以上に限定する。)

第5条(サービス内容の登録)
 サービスを提供できる者は、予め、その内容を会長に申し出て登録する。
会長は、3ヶ月に1回程度見直して、その都度、更新した「サービス提供者一覧表」をサービス対象者に開示する。

第6条(サービスの提供と精算)
 サービスを受けるには、別紙の「サービス提供者一覧表」から、該当者を選び、直接交渉する。
選ばれた提供者は、「サービス免責事項確認書」にサインをもらってから、サービスを提供する。
サービスの提供が完了したら、提供者は、「サービス精算書」を作成して、その都度現金で決済する。

第7条(免責)
 本会は、営利を目的とせず、ボランティア精神に基づき、自己責任とする。役員であっても、一切の責任を負わない。
サービス提供者は、活動中に事故や損失が発生しても、会や依頼者に対して請求しない。
サービス提供者は、誠実に活動する限りにおいて、過失責任を問われない。
サービス提供者は、現金および預金通帳等を預からない。

第8条(対象外事項)
 次の事項は、サービス対象としない。
  *身体介護で、公的認定を受けている人のサービス
  *医療行為に該当するサービス
  *病気が感染する恐れあるサービス
  *認知症の傾向が認められる人のサービス
  *預金通帳や高額の現金を預かるサービス
  *その他、事故やトラブルの発生が危惧されるサービス

第9条(禁止事項)
 次の行為は、禁止事項とする。
  *個人のプライバシーを侵害する行為
  *故意に、他人に損害を及ぼす行為
  *金銭トラブルを起こす行為
  *サービスを押し売りする行為
  *不誠実なサービス行為
  *その他、会員として、ふさわしくない行為

第10条(除名)
 禁止事項を繰り返す者に対して、会長は副会長と相談し、その対象者を除名することができる。

第11条(規約の改廃)
 規約の改廃は、総会において、出席者の過半数の賛成を得て決定する。

第12条(適用)
 この規約は、平成○○年○月○日より適用する。
                                           以上。
自主防災会規約(例)
  自主防災会規約(例)

(名称)

第1条 この会は、「○○町自主防災会」(以下「本会」という)と称する。


(事務所の所在地)

第2条 本会の事務所は、○○町内会長宅に置く。


(目的)

第3条 本会は、災害(地震、台風、火災、犯罪被害等)の軽減をはかる為に、災害防護知識の普及と災害発生時の共助救援活動を目的とする。


(会員)

第4条 本会は、○○町内会の会員をもって構成する。


(役員)

第5条 本会に次の役員を置く。

① 会長  1名 (町内会長が兼務する)

② 副会長 2名 (町内副会長が兼務する)

③ 防災委員 ○名 (組長が兼務する)

④ 専門委員 町内会役員経験者および有志の協力者で、会長が任命した者
        (人数不定)

⑤ 会計  1名 (町内会計が兼務する)

⑥ 会計監査 1名 (町内会計監査が兼務する)


(活動計画)

第6条 会長は、年始に、専門委員の助言を受けて、年間活動計画を立案し、副会長と防災委員の同意を得て、会員全員に周知する。

2.防災資材の購入等で、多大な出費を要する事項は、町内会総会での承認を受ける。


(経費)

第7条 本会の運営に要する費用は、年間○万円を限度として、町内会会計で賄う。

2.特定の会員のみに利益を与える事項(物品の斡旋など)は、受益者負担を原則とする。


(災害時の活動)

第8条 防災委員と専門委員は、会長または副会長の指揮下に入り、災害の程度に応じて作業を分担する。

2.作業の人員が不足する場合には、一般会員を動員することが出来る。


(平常時の活動)
第9条 役員は、常に防災知識および防犯知識の習得に努める。

2.会員全員を対象として、不定期に災害を想定した防災訓練を実施する。

3.会員に対して、年1回、防災知識および防犯知識の講習会を実施する。

4.会長は、会員全員の名簿を整備する。また、高齢者世帯の居住実態を掌握しておく。

5.防災委員は、自己の属する組の世帯の状況を掌握しておく。

6.専門委員は、災害発生時に備えて、防災・防犯講習会や避難訓練の際に、専門スタッフとして活動する。また、災害防護知識の普及活動を行う。


(付則)

第10条 この規約は、平成○○年○月○日から実施する。

以上
仮設テントの組立手順書(例)
仮設テントの組立手順書(例)
作成 平成30年9月20日 

設置場所
[省略]

組立完了の配置図
[省略]

資材の確認
[省略]

組立手順

1.柱用スリーブ・パイプを取り付ける
① 埋設パイプの盲キャップを外す(8箇所)
② スリーブ足を組み込む(白緑の位置は、短いスリーブ)

2.骨組パイプを組み付ける
③ タテ棒およびヨコ棒をそれぞれ記号を合わせて組み立てる

3.柱パイプを組み立てる
④ 色分けテープに注意して、所定の位置のスリーブ足に差し込む

4.屋根パイプを組み立てる
⑤ ヨコ棒のBとEを柱パイプの外側に組み付ける(南北の表示あり)
⑥ タテ棒の1と5を柱パイプの外側で、ヨコ棒の上に組み付ける(東西の表示あり)
⑦ ヨコ棒のA,C,D,Fをタテ棒の上に組み付ける(南北の表示あり)
⑧ タテ棒の2,3,4をヨコ棒の上に組み付ける(東西の表示あり)
組立順序図を参照してください

5.ブルーシートを展張する
① 天井部の展張
② 裏面に透明ビニールシートを貼る(採光用)
③ 裏面部の展張
④ 両側面部の展張(夏季は上部20cm程度空ける)
⑤ 前面部のブルーシートは、上部を固定して巻き上げ状態とする
⑥ 内部床面に展張

6.強風時や余震時の補強対策
① 余震時の対策
L金具8本と鉄筋工事用番線で、四隅の柱棒を補強する
② 強風時対策
金属製ピン四本と虎ロープで、天井シートのまくれ上がるのを防ぐ
側面部の対策は、下部と中間位置に虎ロープを巻いてシートを押さえる

7.確認事項
① パイプ接続金具のネジに緩みがないこと
② 天井シートにたるみがなく、雨水の流れ勾配があること
③ 雨水がテント内に流れ込まないこと
 * テント周辺に溝を設けたり、土盛して雨水を逃す

コンテンツ