彦市   » 管理人のブログ » その他

  • カテゴリ その他 の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

管理人のブログ - その他カテゴリのエントリ

100年前の名古屋

カテゴリ : 
その他
執筆 : 
hikoichi 2018-6-20 18:54
 徳川美術館では、「タイムスリップ 1918」と題して、大正時代の近代化する名古屋市を特別展示しています。

古地図、ポスター、写真、絵巻物、絵葉書などで分かり易く展示されています。

特に、米騒動に関する資料で、東別院横に並ぶ人列を描いた桜井清香の絵巻物と4m四方の古地図のタイル画が見ごたえありました。

また、市電の写真から、子供時代の思い出が甦ってきました。



主な展示物から・・・

1.国産ビール「カブトビール」

明治中期からビールが輸入されて、明治末期から、知多半島の半田で輸入プラントによるビールが製造されていました。

2.松坂屋デパート

明治末期に「いとう呉服店」として創業されて、栄の中心的な存在でした。

創業当時は、名古屋の資産家が馬車を仕立てて買い物に出かけたとか聞いたことがあります。

大正時代には、大阪、静岡、銀座、上野に営業所があったと、看板から見とれます。

3.電車焼討ち事件

名古屋の市内電車は、明治末期に京都に続いて全国で2番目に開通しました。

当初は民営で「名古屋電気鉄道」でした。

大正3年に、乗車賃が高いことから電車の焼討ちが発生しています。

この事件がきっかけとなって、市電として公営化しました。

4.米騒動事件

日本軍のシベリア出兵で米が不足して、米価が急騰しました。

このため、大正7年に、名古屋でも米騒動が起きました。

その後、資産家の寄付を募って、廉価販売して騒ぎを鎮めると共に、公設市場が各地に設けられました。



「親の時代」の話ですが、名古屋っ子には、是非ご覧いただきたいです。

7月16日まで展示されています。
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (35)

1日の訪問者数200名達成

カテゴリ : 
その他
執筆 : 
hikoichi 2018-6-16 7:13
皆さん、おはようございます。

お陰様で、昨日、私のHPの訪問者数が215名を記録しました。



一時は低迷期が続いたので、高齢を理由にサイトの閉鎖を計画しました。

しかし、最近の盛り返し傾向に元気付けられています。

しばらくの間、発信を継続致しますので、よろしくお願いいたします。

 

世界情勢の変化が著しく、日本の立場も不安定です。

私たち高齢者も、政治や世の中の変化に関心を強めて、自己を守らなければなりません。

また、自主的な活動を心掛けて、日本の伝統や文化を次世代に引き継ぐ役割もあります。

お互いに活発な情報交換を致しましょう。

 

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (48)

来訪者100人超を達成

カテゴリ : 
その他
執筆 : 
hikoichi 2018-6-12 7:10
 個人のホームページは低調気味であり、訪問者が固定されています。



インターネットの特徴は、世界に情報拡散できることにあります。

私のホームページは、個人的記録を同世代の高齢者に発信するものです。

最近は言語翻訳ソフトが充実しています。

 

今回初めて、1日の来訪者100名を達成できました。

ロボットによる巡回訪問はカットしておりますし、同一人の再訪問はノーカウントです。

従って、このカウント値は信用できる数値です。

 

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (39)

ホームページの終焉

カテゴリ : 
その他
執筆 : 
hikoichi 2018-6-5 15:02
 私がホームページを開設したのは、7年前の平成23年です。

当時はアマチュアのページが全盛であり、「ホームページビルダー」で作成しました。

何度も更新を経て現在に至っていますが、今やSNSとスマホの時代であり、アマチュアのページは激減しています。

辛うじて無料サーバー上でのブログが生き残っていますが・・・

 

私も高齢となり、身辺整理の一環としてホームページの整理を考えています。

サーバーレンタル料とドメイン使用料で年間1万5千円近くを投入してきましたが、考えてみれば、何もメリットはありません。

唯一、名刺にURLを印刷して自己満足することでした。

また、プログラムやパソコンの知識を習得するために、有意義な時間を過ごせたことです。

 

特に宣伝はしてこなかったので、1日の訪問者は50名前後です。

パソコンクラブの同僚や身近の知人が訪問者です。

Googleのランキング上位などを狙うことは、とても困難ですから、高齢者に向けて発信しても、世間の高齢者には届きません。

 

今考えていることは、ローカル・サーバーに移して、公開のページを閉鎖することです。

レンタルサーバーの契約期限までに結論を出す予定です。

ローカル・サーバーは自分のパソコンですから、身近な人に直接見せる事が可能です。

つまり、自分の記録として保管することです。
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (46)

御田植祭

カテゴリ : 
その他
執筆 : 
hikoichi 2018-5-23 16:04
 

愛知県護国神社では、古式に則って御田植祭、抜穂祭、新嘗祭を実施します。

県内を尾張・三河・名古屋の3地区に分けて交代で担当しています。

本年は名古屋が担当であり、私も実行委員会の1人として参加しています。

 

5月19日に御田植祭が執り行われました。



その模様をビデオに収めました。

 

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (37)

『八つ橋』誕生物語

カテゴリ : 
その他
執筆 : 
hikoichi 2018-5-19 19:38
 65年前に、私が名古屋の小学校の卒業旅行で奈良・京都へ行きました。

その時の土産で「八つ橋」の味覚を知って以来、好みの食べ物です。

米粉と砂糖とニッキが原料で、橋をイメージした堅焼き煎餅です。

先日、近くのカキツバタ園の売店で新発売の「マンゴー生八つ橋」を味わいました。

この京銘菓『八つ橋』は、「西尾八つ橋」が元祖と言われています。

明治29年に菓子博出品で認められて、”京の八つ橋”となったのですが、元祖では、元禄2年(1689年)に西尾家が「三河国八つ橋」の故事から創作したと言われています。

その故事とは、三河国の未亡人が川茂を採取中に幼子2人が対岸から川に入り、母の下に来る途中でおぼれ死にました。

それから、未亡人は仏門に入り、橋さえあれば溺れることは無かったと悔み悲しんでいたら、ある時、流木で橋をかける夢を見て、翌朝8本の流木で橋が実現したそうです。

そこで、この地を「八つ橋」として現在も残っています。

この地は、現在の愛知県知立市にあり、「無量寿寺」(奈良時代の創立)境内に「八橋かきつばた園」として、史跡観光名所になっています。

カキツバタの開花時期には、園内の売店で「西尾八つ橋本舗」が臨時出張販売しますので、毎年、京都の「銘菓八つ橋」を入手できます。

 
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (35)