彦市   » 管理人のブログ » 最新エントリー

管理人のブログ - 最新エントリー

春の香嵐渓

カテゴリ : 
日常生活
執筆 : 
hikoichi 2019-3-15 16:38
 好天気に恵まれたので、香嵐渓へ出かけました。

高速道路経由でピッタリ1時間で着きました。

満開まで1週間早いので、静かな香嵐渓を楽しめました。

カタクリの花は3分咲きでしたが、足助屋敷は独り占めでした。

お陰で、ビデオ撮影も上手く仕上がっています。

来る3月24日(日)に「職人祭」が開催されるので、会場準備で忙しそうでした。

当日は、カタクリの花が満開状態でしょうし、足助屋敷は終日無料開放されます。

9:00の開館に合わせて、改修完成した炭焼き窯の完成式が始まり、10:00に初火入れが行われます。

撮影したビデオは「マイビデオ」に「足助屋敷」としてアップしています。

 


 


 


 


 


 


 


 

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (6)

名古屋市農業センター

カテゴリ : 
日常生活
執筆 : 
hikoichi 2019-3-8 17:05
 金曜日で、好天気に恵まれたので、近くの農業センターに行ってきました。

自宅から20分ですが、駐車場が満杯になると道路が渋滞します。

私は、裏口から入場したので、駐車の心配もせずにスイスイ入場できました。

毎年賑やかですが、今年は売店も1.5倍になり、平日ながら大勢の人出でした。

 

詳細は、「マイビデオ」の「梅まつり」をご覧ください。
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (8)

依佐美送信所記念館イベント

カテゴリ : 
日常生活
執筆 : 
hikoichi 2019-3-7 17:00

 竣工90周年記念として、3月1日から5月19日まで80日間に亘って特別展示をしています。

刈谷市(旧・依佐美村)の皆さんから、懐かしい写真や想い出の資料を公開しています。

ガイドボランティア会の有志が製作した立体地図模型も見ごたえがあります。




名古屋市の人、愛知県内の人、この機会にお訪ね下さるようご案内します。

入場無料、無料大駐車場あり、休日にはミニSLも運行しています。


 








  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (8)

大池公園

カテゴリ : 
日常生活
執筆 : 
hikoichi 2019-3-7 16:58
 東海市の大池公園を散策して来ました。

樹木もよく育ち、池の周囲には5km程の散策コースが整備されています。

椿と梅林が見頃です。

池には、ホオジロガモの群れが飛来して餌を啄んでいました。

芝生広場では、数組の園児たちが昼食中でした。

また、小動物園では、正午に合わせたようにインドクジャクのショウが見られました。

 

「孔雀のショウ」と「ホオジロガモ」はマイビデオに掲載中です。

 

 


 


 


 


 

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (7)

アンダー・ヘアーを剃る

カテゴリ : 
病気・治療・介護
執筆 : 
hikoichi 2019-2-19 14:10
昨日のNHK「シブ5時」の認知症特集を視聴していたら、寝たきり老人のアンダー・ヘアー(陰毛)を剃る必要性を強調されていました。

あまり知られていない事なので、ここに公開する次第です。

 

寝たきり老人では、陰毛に便が付着すると、洗浄に苦労するそうです。

完全に拭き取ることが困難であり、悪臭発生や細菌の感染源となります。

陰毛を剃ると、幼児と同様になり、洗浄が楽になるし、局部の清潔も保てます。

また、理由は不明ですが、白髪になる前に剃っておいた方がベターとのことでした。

 
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (15)

病院内のパソコン使用

カテゴリ : 
パソコン関連
執筆 : 
hikoichi 2019-2-18 18:54
 本日訪れた大病院では、院内の図書室に1台のパソコンが常設されていました。

パスワードの設定がなく、誰でも使用できる状態でしたので、待ち時間中に使用してみました。

当然ながら、外線と直接にはつながりません。

病院のイントラネットで管理されています。

 

自分のホームページにアクセスを試みたら、即時つながりました。

しかし、画像部分が表示されない状態でした。

そして、リンクされたページは開けませんでした。

これは、データ通信量を節約するためと思われます。

Google検索からは、リンクされたページでも、検索でヒットすれば、開くことが出来ました。

しかし、このページからホームへ戻ることはできても、他のリンクされたページは開けませんでした。

医療関連のWebページに対しては、Google 検索結果がすべて利用できました。

 

このように、パソコン端末ごとに利用範囲を限定して、ネットワークが運用されています。

これは、イントラネットだからできることですが、病院内の図書館で利用されることを想定して、フィルターを介して、限定した内容に対しては利用者に便宜を与えていることに感心しました。

また、セキュリティ対策がしっかりしていることを実感しました。

 
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (19)

前立腺がんの検査

カテゴリ : 
病気・治療・介護
執筆 : 
hikoichi 2019-2-18 17:03
 半年前の健診でPSA値が4.7となり、前立腺がんの発症確率が30%と言われながら生検を保留したので、今日の健診となりました。

採血と尿採取してから1時間待って診察室に呼ばれました。

結果は、PSA値が前回と同じ値であり、尿検査は異常なしでした。

従って、今回も生検を受けないことを選択しました。

 

最近は、局部麻酔で、日帰りの生検をする病院もありますが、ここでは従来の方法のようです。

従って、1泊入院を覚悟して出かけていました。

高齢に達した現状で、身体の何処に癌が発症するか予測できません。

統計的には、男性の前立腺がんの発生確率が高いですが、初期発見できる確率は低いと思っています。

あまり神経質にならずに、日常の体力維持に努めることが重要と考えています。

私も、今年で平均寿命に達しますので、幸せな人生だと感謝しています。
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (18)

ガラケー携帯の継続使用

カテゴリ : 
スマホ関連
執筆 : 
hikoichi 2019-2-14 20:01
 3大キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)では、ガラケー携帯の利用サービス提供を3年後に終了する計画であるようです。

スマホの通信施設(G4電波)の全国基地展開が完了したことと、ガラケー携帯(G3電波)の利用者が高齢者層に集中しているからです。

また、G3電波とG4電波を両建てする現状では、政府から要請されている利用料低減に対処することが困難だからでしょう。

更には、ガラケー携帯からスマホへの買替需要で利益が期待出来るからです。

 

そこで、私たち高齢者はどの様に対応したら良いでしょうか。

早めにスマホに買い換えるのか、今後も3年間使い続けるのか、選択を迫られます。

 

スマホは、ガラケー携帯と比べて通信速度が10倍近くも早いので、動画が見られます。

また、カメラ機能も充実しています。

超小型のパソコンとしての機能があり、音楽配信、電子配本、ゲーム、地図、予定表、録音機能、万歩計、SNSなど、多用途に活用できます。

欠点は、機材が高価であり、通信費もガラケー携帯の2倍以上となります。

また、新たに操作を覚える事が、高齢者には負担となります。

 

そこで、選択のポイントは、以下の通りです。

1.ガラケー携帯の使用で不都合を感じない人は、3年間は現状のままが得策です。

2.スマホに魅力を感じる人は、元気なうちに乗り換えた方が、残り少ない余生を楽しめます。

3.使い方を学ぶ事が苦手な人は、保留して、安価で使い易い機種が出るまで待つことです。

スマホは、使用目的がハッキリしていないと、宝の持ち腐れとなり易いです。

パソコンと同様であり、多用途に使いこなすためには相応の知識を要します。
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (17)

冬の北アルプス

カテゴリ : 
その他
執筆 : 
hikoichi 2019-2-13 21:48

今回、ホームページの載せた「冬の北アルプス」についての説明です。

2月11日にNHK総合で放映された特集番組です。

50分を36分に圧縮したもので、自分用の保存ファイルですが、見落とした友人にサービス提供するものです。

従って、NHKからクレームが付かないうちに取り下げしますので、期間限定としました。




TVに保存した動画には、プロテクト処理で再コピーが出来ませんので、スマホで撮影してから、編集しました。

画像が劣化しており、フレームが狭くなっていますが、ご容赦ください。

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (39)

フィッシング詐欺

カテゴリ : 
パソコン関連
執筆 : 
hikoichi 2019-2-13 20:34
 信用度の高いWebサイトと思わせて、詐欺目的の取引へ誘導したり、会員に入会するためとして、個人情報やカード情報を入力させる悪徳サイトが増加傾向にあります。

従来のフィッシング詐欺は、信用度の高い銀行を偽って詐欺目的のメールを送り付けて、カード情報を入力させる手法が多発していました。

これは、明らかに悪質であり、引っ掛かる人も少なくなりました。

 

最近は、商用Webサイトの過半数がHTTPS:となっています。

これは、Google社が従来からのHTTP:サイトには「保護されていません」と表示するようにしたことが発端です。



HTTPS:サイトとは、WebサーバーとWebブラウザ間の通信が暗号化されるものであり、通信経路から情報が漏れる危険がありません。

しかし、Webサイトの発信者や記事内容については、安全であると保証されたものではありません。

それを「保護されている」と勝手に誤解して、HTTPS:=安全なサイト と思い込む人が多いのです。



常時SSL化、即ち、WebページをHTTPS:とするには証明書発行機関への登録が必要です。

簡易な証明書は年間で1,000円程度ですし、無償で提供している機関もあります。

私も、自分のHPのHTTPS:化にチャレンジしましたが、ベースプログラムが常時SSL化に対応していないので、証明書を取得したままで今だに切替できません。

 

悪徳業者は、これを逆手にとって、常時SSL化したWebサイトからフィッシング詐欺を仕掛けているのです。

今や、フィッシングサイトの約半数がHTTPS:であると言われています。

最近のフィッシングサイトは、個人情報の収集が目的です。

個人情報をデータベース化すれば、高額で売買できるからです。

しかも、電子化した商品ですから、容易に拡散します。

個人情報をフィッシングされた被害者は、その事実に気付かない事例が多いと思われます。

 

Webサイトからの買い物やフリーソフトのダウンロードには魅力があります。

また、キャッシュレス決済も便利ですが、詐欺被害を受ける確率も高いと思います。

便利さと引き換えに、私たち高齢者には、危険が増すばかりです。

自分の個人情報が漏れて、データベース化して拡散したら、取り消しができません。

ここまで来たら、Webサイトから離れることが確実な安全対策です。
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (33)