彦市   » 日々雑感 » 趣味 » 花菖蒲と洋画展

日々雑感 - 花菖蒲と洋画展

花菖蒲と洋画展

カテゴリ : 
趣味
執筆 : 
hikoichi 2016-5-28 15:15

本日は天気が安定したので、知立神社の花菖蒲まつりと刈谷市美術館に行ってきました。


知立神社は歴史ある古風な建物で境内に菖蒲池があり、静かな雰囲気でした。


売店で手作りの飲食物を買い求めて、休憩机で花菖蒲を眺めながら、お茶のサービスを受けました。


おにぎりセットと知立名物の大あんまき、それにトコロテンをいただきました。


社務所では、山車のからくり人形の実物とその実演ビデオが上映されていました。


また、さつき盆栽展示と即売会もありました。


次に、10kmほど離れた刈谷市美術館で和田英作展を観てきました。


和田氏は、日本近代洋画の巨匠であり、東京美術学校の校長を歴任した人です。


戦後は知立市に3~4年間居住して絵画制作に専念されたので、この地方では知られています。


今回の展示では、刈谷市美術館所蔵の作品のほか、全国から集められた作品で全館を占めていました。


作品の出来栄えは素晴らしく、当時のヨーロッパ絵画をそのまま習得されたことが理解できました。


風景画、肖像画、古代風俗画など統一した配置で解説も充実していました。


[渡頭の夕暮] 明治30年(卒業制作)  東京芸術大学蔵 100号



 

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1701)

トラックバック