彦市   » 日々雑感 » パソコン関連 » Win-10の使い方-1

日々雑感 - Win-10の使い方-1

Win-10の使い方-1

カテゴリ : 
パソコン関連
執筆 : 
hikoichi 2017-12-30 19:42
デスクトップ(トップ画面)の表示
Windows-10では、トップ画面に3種類の方法で、フォルダーやファイルやプログラム起動アイコンを表示することができます。
個人の好みもありますが、合理的な方式を知っていると、短時間で目的の作業が始められます。

以下に、基本的な配置方法を解説します。

1.タスクバーにピン留めする。(最も有利)
常時、該当アイコンが表示されるので、作業中でも即時起動できる。
使用頻度の高いアプリを対象にして、10個以内がよい。

2.スタートメニューにピン留めする。(タイル画面で使い易い)
使用頻度の低いアプリや保守アプリを対象にして、9個以内がよい。

3.従来通り、トップ画面にアイコンを並べる。
一時的に使用するアプリで、インストールしていないもの。
作業中のフォルダー。
未整理のファイル。
使用頻度の高いフォルダー。

4.エクスプローラーの「クイックアクセス」を活用する。(トップ画面ではないが)
エクスプローラー画面は、「WindowsボタンとEボタンを同時に押す」と表示します。
階層の深いフォルダーやファイルを対象にします。


「スタートメニュー」にピン留めするには、アプリやフォルダーのアイコンを右クリックして、ポップアップメニューで「スタートにピン留めする」を選択します。
「タスクバー」にピン留めするには、アプリやフォルダーのアイコンを右クリックして、ポップアップメニューで「その他」を選択し、表示されるポップアップで「タスクバーにピン留めする」を選択します。
「クイックアクセス」にピン留めには、フォルダーアイコンを右クリックして、「クイックアクセスにピン留めする」を選択します。

以下に、使用例を表示します。



トップ画面です。
1.「タスクバーメニュー」が下端帯状に配置されています。
2.「スタートメニュー」が中央タイル状に配置されています。
3.従来通りのアイコンが上部に配置されています。




フォルダーを右クリックした図です。
「スタートにピン留めする」があります。




アプリを右クリックした図です。
「スタートにピン留めする」と「その他」があります。




同上で、その他を右クリックした図です。
「タスクバーにピン留めする」があります。




深いドキュメントのフォルダーを右クリックした図です。
「クイックアクセスにピン留め」があります。




「エクスプローラー」を開いた図です。
「よく使用するフォルダー」として、7つのアイコンがピン留め配置されています。



  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (66)

トラックバック