彦市   » 日々雑感 » パソコン関連 » Windous-10の大幅アップデート

日々雑感 - Windous-10の大幅アップデート

Windous-10の大幅アップデート

カテゴリ : 
パソコン関連
執筆 : 
hikoichi 2017-12-27 14:38
10月18日に、マイクロソフト社が「Fall Creators Update」と称するWin-10の大幅なアップデートを発表しました。
これに従って、日本語版が最近実施されています。

「自動アップデート」に設定してあると、突如「アップデートのお伺い表示」が出ます。
所要時間が1~2時間を要しますので、パソコンが使えなくなります。
途中で操作すると、初めからやり直しになりますし、場合によってはデータやアプリに影響を及ぼす事があるでしょう。
従って、夜間に実施すると良いと思います。

私が気付いたアップデート版の改訂点は、以下の3点です。

1.文章(ホームページの)を機械音声で読み上げてくれます。
2.他のブラウザで「お気に入り」に登録されたデータを「Microsoft Edge」へ自動で移行してくれます。
3.「Windows Mobile」スマホ(日本では普及していません)が、Win-10のOSを搭載しており、このスマホに対して、アプリとデータが互換性を持ちます。
従って、OSをWin-10に統一すれば、パソコンとスマホでデータと操作を共用できます。
勘ぐれば、グーグル社と競争する意図で、今後のスマホにWindows-10の普及を狙ったものです。

私が感じた問題点は、今後Win-10の虜になると、くそ重たいOSとなり、使わない機能の為に頻般な修正に付き合わされることです。
また、OSが有料であり、Home版で2万円支払わないと、「認証登録」ができません。
しかも、「Internet Explorer 11」との相性が悪いので、接続アプリが正常に動作しなかったり、頻般に停止したりします。

この点で、「Windows Edge」のほうが、動作が速いし、接続アプリが正常に動作します。

私の場合は、Edge に切り替えており、更には、動作の速いLinuxを重宝しています。
特に、メールに関しては、Linuxの方では迷惑メールが入りません。

トラックバック