彦市   » 日々雑感 » 趣味 » 依佐美送信所の設備解説書

日々雑感 - 依佐美送信所の設備解説書

依佐美送信所の設備解説書

カテゴリ : 
趣味
執筆 : 
hikoichi 2017-12-25 8:14
私は、刈谷市の依佐美送信所記念館でガイドボランティアを始めて1年半になります。

この送信所は、昭和4年に完成してヨーロッパ諸国へ向けての無線電信を実現しました。
それ以来、潜水艦向けの通信にも活用されて、「ニイタカヤマノボレ」を発信したことで知られています。
250mのアンテナ塔が8基あったので、夜間には航空障害灯が目立っていました。

設置以来、機密施設として運営され、戦後はアメリカ海軍が使用しましたが、一般人は施設立ち入り禁止でした。
平成18年に撤去されて、その後は主要機器が記念館に展示されています。
しかし、技術的情報が不足しているために、設備の機能・動作を解説するパンフレットが未整備です。

私は、ボランティアガイドとしての必要から、自分の為に資料の収集と解説文書の作成をしてきました。
そして、間違いのあることを承知で、自分のHPに載せました。
どこの会社でも同様ですが、自社独自の技術は細部をオープンにしないので、この送信所の主要機械の機能説明が不明確のままです。
最近になって、技術調査力に優れた同僚の助けを借りて、間違った点を修正しつつ、内容を充実した第3次改訂版を完成させました。
技術面からの解説文だけで、100枚を超えるレポートとなりました。

今では、使われない技術ではありますが、当時では、世界トップレベルの送信所でした。
設備が完全な状態で残っておれば、間違いなく「世界遺産」に指定されたでしょう。
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (73)

トラックバック